第4代大王 偉大な大王セジョン(ハングル文字を作った人)


朝鮮時代の歴代の大さまの中で、多分
もっとも有名なのは世宗大王(セジョン)では
ないでしょうか。

特に、文盲率が非常に高かった(ヤンバン以外字が読めてはいけないと
言われていた)のを、母音と子音で出来ていて、覚えやすい
ハングル文字という画期的な一般の平民も読める文字を作り広めたことが
非常に有名です。

キム・サンギョンの「大王世宗」はあまりにも有名ですよね。

また、天文、測量、印刷などの分野で、色々な
発明を奨励しました。

日本で言えば、徳川吉宗将軍のような人だと言えます。

景福宮(キョンボックン)の正門「光化門(クァンファムン)」から
市庁(シチョン)方面へと続く世宗路(セジョンノ)。
ソウルの心臓部ともいえるこの道路中央の幅34m・長さ557mに
「光化門広場(クァンファムンクァンジャン)」があります。

そこにドカーンと世宗大王の座った銅像があります。
何度見ても威厳がありますね~。
 

若い頃は仏教を排除して、儒教を重要視しましたが、
晩年は病気がちとなり、それまで抑圧していた仏教に
すがるようになったようです。

銅像の裏の地下には世宗の偉業が並ぶ博物館があり、世宗大王が
世に広めたものが陳列されています。

1450年、53歳で崩御されました。
随分短い人生の中で、ものすごい沢山の偉業をのこしたのですね。

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇, 韓流ドラマ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク