明宗は11代中宗の文定王后(中宗の後宮で勝ち抜いた)が生んだ息子で
11歳で即位しました。

在位当初から8年間は母親の文定王后尹氏が実権を握り、文定王后は
一族で政権を独占し、賄賂政治で不正を横行させたたため
、社会や政治が混乱しました。

『大長今』では、主人公チャングムの支援者として描かれていますが、
「チャングム」の中でもチャングムに毒殺を依頼していましたが
”私の医は人を生かす医術で人を殺す医術ではありません”と断わりました。

実際にはドラマ『女人天下』で描かれたように後宮の争いを勝ち抜くために
色々な陰謀を企てた怖い王后だったようです。500年の朝鮮王朝でも
「稀代の悪后」と呼ばれる王妃です。

1565年、文定王后がこの世を去った時、悪政の終わりを意味していると
思われました。

事実、明宗は新しい人材を登用して、文定王后の息がかかった奸臣たちを
罷免したりしました。

追放された者の中には、文定王后の弟であった尹元衡(ユン・ウォニョン)も
いました。

彼は明宗にとって叔父でしたが、悪政の象徴のような人物であり、
新しい政治には邪魔となる存在でした。

民衆のための善政を始めた明宗でしたが、わずか2年で命が尽きてしまいました。
1567年に亡くなったときは、33歳の若さでした。

文定王后の悪政に心を非常に痛めていた明宗は、結局は極度のストレスによって
命を縮めてしまいました。

ちなみに「オクニョ 運命の女」では、時々オクニョに会って世間で
起こっていることを調べる王(自分自身)の家来のフリをする役をしていましたね。

実はオクニョとは兄妹だったんですね。でもオクニョ自体は架空の人物です。