純祖は、正祖の次男で孝懿王后の養子として迎えられました。

兄・文孝世子の死後、1800年に10歳で世子になり、同年に
即位しましたが、英祖の2番目の皇后だった貞純王后の摂政で
政治を主導しました。

貞純王后は正祖が進めていた改革をすべて潰すと、自分の息が
かかった者を要職に就けるなどして、政治を私物化しました。

また、1805年には正室純元王后の本貫でもある安東金氏による
勢道政治が始まり、長い間この安東金氏の権力が続く事となります。

純祖は安東金氏を牽制するために豊壌趙氏を重用して、
1827年、孝明世子(24代王憲宗の父)が摂政になりましたが、
1830年に孝明世子の死のために失敗しました。

1834年11月に満44歳で亡くなりました。

王后との間に2男3女、朴氏との間に1女、合わせて2男4女を儲けましたが、
孝明世子は孫にあたる憲宗を残して早世し、憲宗の娘2人
(純祖からみて曾孫)も夭折しました。

純祖の娘たちも子供が早世したり、未婚のまま死去したりと、
子孫を残せなかった為、純祖の子孫はとだえました。

また孫の憲宗の死去により、父・正祖の男系子孫も断絶しました。

【純祖王の家系図】
荘献世子━┳22代正祖━23代純祖━孝明世子(翼宗)━24代憲宗

┣恩彦君━全渓大院君━25代哲宗

┗恩信君━南延君(養子)━興宣大院君━26代高宗

*韓国が現在の竹島をを韓国固有の島とする根拠の一つは
純祖の命令により編纂された『万機要覧』には、松島(現在の竹島)が
于山島だとする『東国文献備考』からの転記があることとされています。