第25代の哲宗王が跡継ぎもなく死去したため、
17代孝宗の系統はとだえました

このため、孝宗の弟(16代仁祖の三男麟坪大君)の
八世孫である高宗が王位を継ぎ、その系統が李王家となりました。

麟坪大君の六世孫にあたる南延君(李球)が、恩信君
(荘献世子の三男で、第22代王正祖の異母弟)
その四男が高宗の実父興宣大院君です。

恩信君の養子になり、王として迎えられました。
現在の李家は彼の血筋です。

日米欧の列強諸国や宮廷内の権力争いの間に翻弄され、
国を失った悲劇の皇帝と呼ばれています。

1866年にフランス人神父らを殺害(丙寅邪獄)すると、
その報復としてフランス艦隊が軍艦7隻でもって江華島を占領したものの、
これを追い払った(丙寅洋擾)事件や、

高宗と閔妃が清への事大主義に傾倒していくが、対外政策も
国内政策も混乱を極め、国内では東学党を中心とした勢力が
農民の間に広まり、「保国安民」と「弊政改革」を旗頭に
1894年、甲午農民戦争(東学党の乱)を勃発させました。

この混乱を朝鮮王朝は収拾できず、清軍へ援軍を依頼、
一方日本は邦人保護を理由に軍隊を動員し、日清戦争(1894年-1895年)の
原因になり、この戦争は、欧米列強の支持を受けた日本軍の勝利に終わり、
下関条約を締結することになりました。

これにより朝鮮は、清の従属国の立場から独立国家として承認される
ことになりましたが、清の後盾を失った閔妃は、今度はロシアと結んで
日本に対抗しようとしました。

この動きを警戒した日本公使・三浦梧楼や開化派、大院君などの勢力が
閔妃排斥の動きに出て、1895年10月8日、閔妃暗殺事件(乙未事変)は有名です。