朝鮮王家最後の皇太孫妃の死はあまりにもさびしかった。

他界の便りさえ10日が過ぎた5日に、遅まき知らされました。
大韓帝国最後の皇太子・李垠(イ・ウン)の一人息子である故李玖氏の
ジュリア・リー夫人(本名、ジュリア・マロック)が先月26日、
米ハワイのハレナニ老人ホームで老患で死亡しました。94歳でした。

ジュリアはドイツ系アメリカ人で1950年代後半、米ニューヨークで李玖氏に
出会いました。

中国系米国人建築家であるイオ・ミン・ペイ(I.M.Pei)の
設計事務所でインテリアデザインを担当していたジュリアは職場同僚から
独特な東洋人男性を発見しました。

MIT工科大学を卒業した建築家である李玖は繊細で落ち着いた性格で、
ジュリアを魅了させ、27歳の李玖氏と35歳のジュリア氏は
1958年、結婚しました。

さびしく他国を飛び回っていた李玖氏に8年年上のジュリア氏が母や姉のように
頼りになったのでしょう。

李玖夫婦は63年、日本に滞在していた英親王と李方子様の要請で共に帰国し、
ソウル昌徳宮(チャンドックン)楽善斎(ナクソンジェ)に定着しました。(写真一番右)

才能が多くて情があふれる気質のジュリア夫人でしたが、見慣れない宮廷生活と
王の親戚からの無視に耐えることは大変でした。

青い目の異邦人世子嬪を認められなかった宗親会は、子孫がいないという理由を
挙げて李玖氏に離婚を勧めました。

楽善斎が嫌いだとしてホテル生活をしていた夫と別居状態だったジュリア夫人は結局、
82年に離婚書類にハンコを押しました。

姑の李方子様と不和になったが、楽善斎に針仕事の部屋を作り、李女史が運営していた
社会福祉法人『明暉園』の障害者を雇用して技術訓練をさせるなど、朝鮮王家の
最後の女性として道理をつくしました。

彼女に仕事を習った障害者は、ジュリア夫人を「クンオンマ(伯母という意味の韓国語)」と
呼んで従ったが、離婚後にも「ジュリアショップ」というブティック店を経営して
福祉事業を続けました。

いかなる援助もなく働いていたジュリア夫人は結局、95年にハワイに
新しい定着地を用意して韓国を離れました。

子供がいなかったジュリア夫人が楽善斎時代に養子縁組したイ・ウンスク
(米国名、ジナ・リー)氏がそばを守りました。

再婚せず渡日した後、連絡のない前夫・李玖氏を懐かしんでいたようです。

2000年9月、一時帰国したジュリア夫人は1カ月間留まりながら思い出の場所を
見回りました。

舅だった英親王の墓地を参拝し、一時奥方として生活していた楽善斎に立ち寄って
障害者の弟子に会っています。

李玖に直接伝えたい朝鮮王家の遺物と韓国近代史関連写真450点を
徳寿宮(トクスグン)博物館に寄贈しましたが、この時の姿を映した
ドキュメンタリーが『ジュリアの最後の手紙』というタイトルで放映されました。

そのように会いたがっていた前夫との再会はついに実現しませんでした。

2005年7月16日、東京の旧赤坂プリンスホテルから遺体で発見された
李玖氏は20日、韓国に送られ葬儀を行いましたが、
ジュリア夫人は招待されませんでした。

楽善斎と宗廟を経て埋葬地に離れる葬儀行列を少し離れた場所から見守るほか
はなかったそうです。

こうして一人の男性を愛したからこそ悲運の皇族が無視される遠い異国の地にも
運命のようについてきたジュリア夫人の人生が終わりました。

この方の人生も朝鮮王朝に翻弄されたものだったのですね。

離婚後もっと幸せに再婚でもして暮らしていたものと思っていました。