最近見た韓国の歴史ドラマの相関 (軍神 → 奇皇后)


先日ずっと楽しみにして見ていた「武神」が終わって
しまいました。

奴婢から軍の長である閣下(ハッパと発音)にまで
のし上がったのですが、フビライ・カーン率いる
元(モンゴル人だけど中国)に傾倒した高麗の24第
完宗王の腹心らに陥れられ暗殺された後、高麗から
朝鮮が滅亡するまで中国の属国となってしまった。


その敵方のフビライ・カーン(フビライ・ハン)は
最近まで中国歴史ドラマとして放映されていました。
中国を統一した元の初代王でした。

ちなみにこの「フビライ・ハン」で主役のフビライを
演じた俳優は、フ-・ジュンという満州族の俳優さんです。

現在の中国は漢族がマジョリティーで、モンゴルを
敵視しているので、モンゴル族が主役のドラマを作成
するとは中国も変わったのかな?と思いました。

ちなみに、チャン・グンソクが出演したファン・ジニで有名な
ハ・ジオンが主役の少し前に終わった
「奇皇后ふたつの愛涙のちかい」ではそのフビライが
建国した元の最後の王の皇后になった高麗の貢女の
物語でした。


奇皇后


「ファン・ジニ」のハ・ジウォン

韓国の歴史は中国の歴史とは切っても切れないもの
なんだな~。

と、改めて理解しました。

カテゴリー: 有名人, 高麗の歴史   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク