三銃士(パク・ダルヒャン)が終わって


テレビ愛知の朝の韓流ドラマで放映されていた
三銃士が昨日終わりを迎えました。

前にも書いたように、仁祖(朝鮮王朝の第16代王)の
時代を背景に1636年から、ソヒョン世子が窮地に
立たされる1646年までの10年間の、

明が滅亡し清が台頭する時代における
朝鮮王朝の激しい外交戦、武官たちの
迫力あふれる闘いなど、様々な要素を
盛り込んだ大河ドラマですが、

問題はその三銃士の一人がソヒョン世子で、
彼は挑戦が清に負けた時に捕虜として清に連れて
行かれ、そこで10年ほど暮らすことになるのですが、

後に許されて朝鮮に帰った後、経済や文化など、
斬新な清のやり方に傾倒した世子を王は信じることが
できず、やがて世子賓とともに殺してしまうのですが、

三銃士のストーリーは、捕虜として清に渡った
世子が、また部下2人と一緒になって、清に連れて
こられた朝鮮の民を救うというストーリーで
終わったので、なんだかほっとしました。

私もこの三銃士でヒーローの世子が王によって殺される
ところを見たくはないですから。

めでたし。めでたし。

カテゴリー: TOP   パーマリンク