ナップンジャシとチョウンサラム


今回のソウル旅行は最初は散々でした!

まず、直りかけていた風邪がぶり返して
2日間ホテルで寝込んでいたこと。

その間に妹たちは明洞をぐるっと回って
新しい化粧品とかをチェックしてました。

その後、東大門のMaxtyleに移動して
服や食べ物の市場を一通り回ったときの
ことでした。

平和市場で、帽子や襟巻きや洋服を買い込んで
2階のベンチで休憩していると、

となりに座っていた70代ぐらいのおばあちゃんが
韓国語で「日本人か?」と尋ねてきました。

これまで、いやな思いをしたことが無かったので
「そうです」と答えると、急にいきり立って
韓国語でまくし立て始めました。

私が韓国語で「韓国語は話せないからわからない」た
と言ってもやめるどころかどんどん大きな声で
怒鳴り始めました。

「日本人は悪いやつらだ!」とか戦争がどうのとかた
たまに理解できる単語があったのですが、
「わからん、わからん」と無視していると、

近くのお店のおばさんたちが寄ってきて、
助けてくれるどころかニヤニヤ笑ってこちらを
指差していました。

やっぱり買ってもらうときだけはいい顔しても
「全員が敵なのか」と悲しくなりました。
本当なら、日本語で思いっきり悪口を言って
やりたかったのですが、なんせアウェイで
周りは全員敵ですから、こちらは何もわからない
ふりをして、
おばあさんが何度も言っていた
「ナップンジャシ」(最低なやつら)をへらへら
しながらおばあさんを指差して言ってやりました。

大好きなソウルでこんなことがあったり、
大好きな俳優のソン・イルグクが竹島に泳いで
行ったり←だってあなたの生活費の多くは日本人が
出してるでしょ! 思うのは勝手だけど政治的な
行動にはでないほうがいいんじゃないかな~。

なんか、み~んないやな人たちに思えてきました。

でもね、帰りにお願いしていたタクシーの運転手さんは
とても親切で、日本の大学で1年間勉強していた
時にお父さんが亡くなって韓国に帰ってこなければ
ならなくなった。と言っていました。

今まで、行きかえりに何度も通っていたところを
色々と説明もしてくれました。

梨花大学とその前にある延世大学はすっごい大きい
大学で、特に梨花大学は端から端まで歩くと3時間は
かかるとか、インチョン空港の近くにできたマンション郡は
1億円~で、空港に直通なんだとか。

数年前までは畑だったので、その辺の土地を持っていた
貧乏農家の人たちは今は畑長者と言われているとか。

来年来たときにはプライベートツアーをお願いしたら、
一日じゅうよりも午後の半日で4人で1万5千円で
いいよと言ってくれました。

来年からタクシー料金がUPするのだそうですが、
その料金でやってあげるからと言ってラインのIDを
もらいました。

やっぱ、いい人も悪い人もいるんだよね!

カテゴリー: ブログ, 東大門, 韓国語   パーマリンク