ソウルの世宗ホテルに着いて、東大門のミリオレへ行こうと
外に出ました。

黒いタクシーは「模範タクシー」と呼ばれ、安全ですが、
少しお高めなので、普通のタクシーを呼びとめました。

ちょっと韓国語を習ったことがある私は、一緒に行った
家族の前でちょっといいカッコして、

밀리오레로 가세요
「ミリオレ ロ カセヨ」
(ミリオレへ行ってくださいのつもりで言ったのですが、
どうも命令調に聞こえたようです。)

と言ったら

どうも、その言い方はため口だからだめだと、

밀리오레로 가주세요
「ミリオレ ロ カジュセヨ」(行ってください)

と言いなさいと直されました。

韓国では運転手さんのことを

기사 님(技師様)

と呼んで、特に歳が上の場合には、職業に
関係なく、敬語で話すのだそうです。

たとえ外国人でも、許してもらえないことが
往々にしてあるようです。

私の友達は、タクシーから降りるときに足を引っ掛けたので
運転手さんに大丈夫?と聞かれて

「ケンチャナ」と言ったらやはり、「ケンチャナ」と言い直された
ということです。

少し習った韓国語を使おうとするときは、年上かどうかを
考えて、できれば敬語で言えるようにしておきましょう。

また、歳の上下を気にする韓国では、平気で女性に
歳を聞いてきますが、

これは、そのあとの言葉を敬語にするかどうかを
見極めるためでもあるので、

悪くとらえず、素直に答えてあげても良いそうです。

NHK「まいにちハングル講座」の大人気ラジオ番組のオンライン版登場!