作成者別アーカイブ: admin

ジュリア・マロック 最後の世子妃の悲しすぎる最後

朝鮮王家最後の皇太孫妃の死はあまりにもさびしかった。 他界の便りさえ10日が過ぎた5日に、遅まき知らされました。 大韓帝国最後の皇太子・李垠(イ・ウン)の一人息子である故李玖氏の ジュリア・リー夫人(本名、ジュリア・マロ … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

李垠の子孫はどうなった?

「李垠」の死後は、その息子「李玖」が李家当主になりました。 1931年(昭和6年)李王垠とその妃方子女王の第2子として誕生しました。 兄晋は夭折していたため、玖が王世子となりました。第二次世界大戦後、 日本国憲法施行に伴 … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | タグ: , , | コメントをどうぞ

李方子 様

1901年(明治34年)11月4日、梨本宮守正王と伊都子妃の第一女子として生まれる。 皇太子・裕仁親王(後の昭和天皇)のお妃候補のひとりとして 名前が取り沙汰されるが、学習院女子中等科在学中に李王世子である 李垠と婚約し … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | タグ: , | コメントをどうぞ

大韓帝国第3代目皇帝になる予定だった李垠

  李 垠〈イ・ウン〉、1897年10月20日 – 1970年5月1日)は、 大韓帝国最後の皇太子で、日本の王族、李王と呼ばれました。 大韓帝国時代の称号は英親王。李氏朝鮮第26代国王・ 初代大韓帝国皇帝高宗 … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | タグ: , , | コメントをどうぞ

第27代王「純宗」(スンジョン)1907~1910年

「純宗」(スンジョン)は1874年3月25日誕生、 1926年4月24日崩御しました。 在位は1907年7月20日 – 1910年8月29日です。 父高宗と母は閔妃(ミンビ)の長男としてうまれました。 190 … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

第26代王「高宗」(コジョン)1863~1907年

  第25代の哲宗王が跡継ぎもなく死去したため、 17代孝宗の系統はとだえました。 このため、孝宗の弟(16代仁祖の三男麟坪大君)の 八世孫である高宗が王位を継ぎ、その系統が李王家となりました。 麟坪大君の六世孫にあたる … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

第25代王「哲宗」(チョルジョン)1849~1863年

第24代王憲宗が子をもたず、22歳の若さで亡くなった為、 正祖の弟・恩彦君の息子である全渓大院君と龍城府大夫人廉氏の 三男(英祖が米びつで餓死させた荘献世子の曾孫)として生まれました。 恩彦君には本来息子が3人いましたが … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

第24代王「憲宗」(ホンジョン)1834~1849年

憲宗は、1830年に第23代純祖王の子、孝明世子が世を去り、 1834年に純祖が薨去すると、わずか7歳で即位しなければなりませんでした。 純祖の妃である純元王后が摂政となっていましたたが、安東金氏 (純元王后の実家)と豊 … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | タグ: , , | コメントをどうぞ

第23代王「純祖」(スンジョ)1800~1834年

純祖は、正祖の次男で孝懿王后の養子として迎えられました。 兄・文孝世子の死後、1800年に10歳で世子になり、同年に 即位しましたが、英祖の2番目の皇后だった貞純王后の摂政で 政治を主導しました。 貞純王后は正祖が進めて … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | タグ: , | コメントをどうぞ

朝鮮王朝の王の妻(側室)の呼び名

朝鮮時代の国王後宮の側室の地位と呼び名は「品階+姓」で呼ばれました。 正一位 嬪(ピン) 従一位 貴人(キイン) 正二位 昭儀(ソウィ) 従二位 淑儀(スギ) 正三位 昭容(ソヨン) 従三位 淑容(スギョン) 正四位 昭 … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | タグ: , | コメントをどうぞ