2015年5月の記事一覧

私が好きなのは大韓航空です。

ソウルへ行くとほとんど明洞に泊まるのですが、
仁川空港に降り立って、そのまま税関を通り過ぎて
荷物を取って扉を出たらすぐにリムジンバスに乗れるのが
便利です。

以前ANAを使っていた時には、空港内を電車で移動
しなければならなかったのが面倒でした。

それに、ANAのターミナルには休憩所や、フードコート、ショッピング
ができる場所がものすごく限られていてつまらない。。。

私の経験では、大韓航空も日本人のフライトアテンダント
がいて、言葉に困ることはほとんどありません。

食事はスナック程度で、これまでサンドイッチ、おにぎり
ちょっとしたお寿司などが出ました。

《今回のスナック》

《大韓航空の中とフライトアテンダント》

ちなみに今回私たちの面倒を見てくれたフライトアテンダントの
お姉さんはきれいなお姉さんでした。

交通手段, 空港, 航空会社

2015年5月2日から10日まで景福宮の
水剌間(スラッカン)を
見ることができたので、言ってきました。

チャングムさんが働いていた場所なので、
何か見覚えのあるものがあるかと思い
朝1番で行ったのですが、

10時半から11時半まではネットで
予約した人のみのイベントがあり、
しかも韓国語での予約受付だった
らしいのでそれが終わった後、
中をくるっと見るだけ見てきました。

 

焼き物やオヤツを作る建物、
イベントを行う建物、王様の毎日の
食事を作る建物の3つからなっています。

次回に行くときにはイベントが見られるとうれしいな。

朝鮮の歴史と時代劇, 観光

久しぶりに弘大の「イェンナルチブ」へ行ってきました。

最近ソウルの旅行紹介本であまり見なくなったお店ですが、
以前は店主が首のところを指差した写真がいろんな本に
載っていました。

多分最近あまり日本人が来ないんだろうと思うんですが。

夕方4時半ごろ行ったら5時からと言われ、その辺をうろうろしてから
また5時に戻ってきました。

もちろんまだお客さんはいませんでしたが、
「OK」と言われたので外に面したところで首の肉を2人前と
マッコリを頼みました。

サンチュやキムチのほかに、土鍋に入ったお味噌汁が出てくるんですが
これがとても美味しい。

また、タレと一緒にきな粉が出るんですが、
お肉につけて食べると、これがまたよく合う。

6時ぐらいには現地の人でお店がいっぱいになるので、
その前にさっさと食事を済ませて、お買い物に行きます。


チョゲイヤギの近く

サムギョプサル, 弘大(ホンデ), 食べる

朝ごはんにあまりお金を使いたくない時や、そんなに
おなかがすいていない時には、お勧めなのが屋台の
おでんとキムパップ。

明洞の3つの通りの一番南大門に近い通りにある
屋台で、おでん2つとキムパップ2つ頼みました。

全部で5000ウォン≒500円

これで浮いたお金でコスメ買おっと!

おでんは日本のはんぺんを伸ばしたような感じで、
日本のはんぺんよりは少しやわらかめ。
最初食べたときは美味しいとはおもいませんでしたが、

今は大好きです。

キムパップは、細い酢なし飯に卵や沢庵、ごぼう?などが
入っていて、これも慣れればおいしいです。

お茶の変わりにおでんの汁をコップに入れてくれるんですが
最初これにはすこしびっくりしました。

薄味で、まあスープ付きと思って飲みましたが。

ほかにもスンデ(豚の血のソーセージ)や普通のソーセージ、
トッポキなど色々あります。
1つ1,500~2,000ウォンぐらいです。

一度は挑戦してみてください。


多味粥の近く

明洞, 食べる

「ミルキービー」へ行ってきました。

本当にミルキーのような味のさらっとしたアイスの上に
2センチ角ぐらいの蜂の巣が乗っていました。

アイスは蜂の巣と食べるとさらに甘くなって、
蜂の巣の蝋(ろう)が口の中に残っていやだと
言う人もいますが、私は甘みがぬけた後捨てます。

ちなみに、私の姪は蝋も飲み込んでいました。
どちらが正しいのか?
まあ、どこかの店でパラフィンで作っていたという
話もあるので、蜂の巣は食べないほうがいいと思います。

以前来たときはお客さんであふれていましたが、
今回はそれほどでもありませんでした。

そこで新しい「バラの花アイス」なるものを出していましたが、
今回は食べませんでした。

次回はトライしてみたいと思います。

明洞, 食べる

日本でも人気のクリスピークリームですが、
以前の場所から少し移動して、明洞劇場の一階に
オープンしてました。

私はどちらかというとダンキンドーナツのほうが好きなのですが
甥がクリスピークリームドーナツをお土産に買って来いと
いうので、行ってきました。

少し狭めになっていて、以前の賑わいはないものの
外にもテーブルと椅子が置いてあって、ゆっくり時間が
流れていて、いい感じでした。

明洞芸術劇場は明洞の3つの大きな通りの中の真ん中の
一番広い通りをまっすぐ行って明洞メイン通りとのつきあたり
にあります。

日本のクリスピークリームには売っていない物もあるので
一度のぞいてみてください。

食べる


今回は2人旅だったので、アクセスも簡単なSAVOYに
泊まりました。

SAVOYは隣にコンビニと「ビーンズピンス」という
人気のコーヒーショップがあるので小腹が減ったときや
お水がほしい時にもすぐに行けます。

また、この2つに直接アクセス出来るので、便利です。

《シングルツインルーム》

ただし、喫煙のようで、部屋には灰皿が置いてあり、3階だったので
よるまで外のざわめきが聞こえます。

また、周りがビルで囲まれているので窓からの風景は決してよいとは
言えません。

でも、私たちのようにほとんど外に出張っている者にとっては
この便利さが最高です。

空港からのアクセスも空港リムジンの明洞駅行きの最後の停留所で
降りたら、ミリオレを右に回ってとネーチャーリパブリックを左に
回ると10mほど先に(右側)にあります。

いつも大きなスーツケースを持っていきますが、ぜんぜん大丈夫です。

以前は「世宗」が定宿でしたが、どこにでもアクセスが簡単な
SAVOYにしてからはもう戻れません。

便利さと安さが重要ならこの宿とってもお勧めです。

オススメホテル, ホテル

何度も行っているオッパダックですが、
実は本来のオープン時間は3時からなんです。

ここは、地元の人たちが夜になるとお酒(もっぱら焼酎)を
飲みながら会話を楽しむところなので、開くのが遅いのです。

ですが、こっそりお昼ごろから開けていて、お昼も食べることができます。

いつもは、衣のついた照り焼きチキンとかを食べますが、
今日は衣の付いていない「オリジナルベークトチキン」に
してみました。

甘酸っぱいソースと辛子ソースの2種類で食べるのが
普通ですが、元々味が付いているのでそのままでもOKです。

2人で1皿が丁度でした。約1,500円でこれはお得です。

どうして日本に出店しないのかな~?

してくれたらいつも行けるのに。

明洞, 食べる

前回も入ったのですが、名前が分からなかったので
今回ちゃんと調べてきました。
雪氷と書いて(ソルピン)と読みます。

現在は明洞に3店舗あるとか。

私たちは3本のメイン道路の一番南大門から遠い
「オッパダ」というチキン屋さんの下にあるところ
に入ってみました。

一番人気は何と言ってもきな粉のカキ氷。それときな粉の
かかったトースト。

両方食べてみました。

パッピンスのほうはふわふわの氷でミルクの味がついています。

この上に、きな粉とカキ氷、とっても合います。

トーストはカリカリで、中にお餅が入っています。
私はそんなに美味しいとは思いませんでしたが。。。

どちらも練乳をかけて食べるとまたちょっと違った
感じになります。

きな粉パッピンス、おススメします。

明洞, 食べる