2018年6月の記事一覧

テレビ愛知の朝の韓流ドラマで放映されていた
三銃士が昨日終わりを迎えました。

前にも書いたように、仁祖(朝鮮王朝の第16代王)の
時代を背景に1636年から、ソヒョン世子が窮地に
立たされる1646年までの10年間の、

明が滅亡し清が台頭する時代における
朝鮮王朝の激しい外交戦、武官たちの
迫力あふれる闘いなど、様々な要素を
盛り込んだ大河ドラマですが、

問題はその三銃士の一人がソヒョン世子で、
彼は挑戦が清に負けた時に捕虜として清に連れて
行かれ、そこで10年ほど暮らすことになるのですが、

後に許されて朝鮮に帰った後、経済や文化など、
斬新な清のやり方に傾倒した世子を王は信じることが
できず、やがて世子賓とともに殺してしまうのですが、

三銃士のストーリーは、捕虜として清に渡った
世子が、また部下2人と一緒になって、清に連れて
こられた朝鮮の民を救うというストーリーで
終わったので、なんだかほっとしました。

私もこの三銃士でヒーローの世子が王によって殺される
ところを見たくはないですから。

めでたし。めでたし。

TOP

三銃士(さんじゅうし、原題:삼총사)は、
テレビ愛知の朝の韓ドラで、「ケペク」の
後を引き継いで放送されているドラマです。

全12話完結で、アレクサンドル・デュマの小説
『三銃士』を基に、17世紀の朝鮮王朝を
舞台にした時代劇です

主人公のパク・ダルヒャン(朴達郷)は
なんとあの日本でも人気のCN BLUEの
メインボーカルのチョン・ヨンファです。

 

ストーリーは、都の漢陽まで二か月かけて
武官の科挙を受けに行く田舎の江原道出身
ではあるけれど武術に優れた純真な青年が、
初恋の女性と結ばれることを夢見て都に
やってくるのですが、

試験前夜、何者かが優秀な受験者を襲撃
する事件が起き、同じ旅籠に泊まっていた
受験生を殺した犯人たちを追っていた
ダルヒャンは、「三銃士」を名乗る謎の
3人組と出会うところからはじまります。

その1人はなんと王の息子(世子)だったんです。

仁祖(朝鮮王朝の第16代王)の時代を背景に
1636年から、ソヒョン世子が窮地に
立たされる1646年までの10年間の、

明が滅亡し清が台頭する時代における
朝鮮王朝の激しい外交戦、武官たちの
迫力あふれる闘いなど、様々な要素を
盛り込んだ大河ドラマです。

ドラマの最期はココをクリック

チョン・ヨンファは「美男ですね」に出演時は
クールで物静かでも思いやりのある
主人公に片思いしながらも支えるけなげな
というか、真面目な役を演じていましたが、

三銃士では一皮むけたのか、本業の俳優たちに
引けを取らない演技をしています。

とは言え、このドラマの中ではイケメンに
見えないのはなぜでしょうか?

最初は最近ちょくちょく見るペク・ソンヒョンと
見間違えました。←それほどハンサムじゃ
ないですよね。

でもとにかくアイドルから俳優に転向することが
多いので、韓国ではこれがアイドルのキャリアパス
なんでしょうかね?

イケメン, 朝鮮の歴史と時代劇, 韓流ドラマ

一風を制した韓国ドラマの「美男ですね」ですが、
あの出演メンバーで売れないわけがないですよね。

主役をチャングンとパクシネ、脇を固めたのが
CNBLUEのメインボーカルのチョン・ヨンファですもんね。

チャングンは「女人天下」の子役で主役の女の子(妾の娘)を
いじめる嫌な本妻のぽっちゃり息子の役をしていた時から
見てました。

あと、東方神起主演のショートドラマでパッパラパーの
弟分役をやっていた時もまだ太ってましたよね。

「美男ですね」のあらすじに戻りますが、

シスターになるため修道院で修行するコ・ミニョ
(パク・シネ)には、双子の兄であるミナムがいますが、

兄のミナム(結局出演ゼロ)は、行方不明の母を探す
ために歌手になるという夢が叶い、大人気イケメンバンド
A.N.JELL(エイ・エンジェル)の新メンバーとして
加入するはずでした。

ところが、ミナムが整形に失敗し、すぐにはバンドに
合流できなくなったため、困ったマネージャーが

「3か月だけ兄の代わりをしてくれないか?」と頼まれる
ところからはじまります。

困惑しながらも、兄がバンドに加入した理由を知ったミニョは
髪を切り、女であることを隠してミナムとしてA.N.JELLに
加入することになりました

そんな中、ミニョはメンバーのファン・テギョン(チャングン)に
恋をしてしまい、一方ギター担当の美形で穏やかな印象だが、
実はクールで表情をあまり出さないカン・シヌ(チョン・ヨンファ)
には早々に女だということがバレ(だまっているが)、
そのカン・シヌから思われ、

結局最後にはみんなに女だとバレるがチャングンとくっつく
みたいなお決まりの韓国コメディ恋愛ドラマなんですが、

まあどうして韓国のドラマでは女が男のふりをするものが
多いんでしょうね

しかも、全く男に見えない。←「誰が男と見間違えるんじゃい!」
と言いたい私は。

ともあれ、カン・シヌ(チョン・ヨンファ)もなかなかの
イケメンで、素人の高校生の時から地元ではイケメンで
有名だったと言っていました。

害のないドラマなので一度は観てみるのもいいかもです。

特に10代20代の女性には胸キュンかも・・・

イケメン, 有名人, 韓流ドラマ

テレビ愛知の朝の韓国ドラマで放映していた
「ケペク」が最終話を迎えました。

これまで何度も放映されていましたが朝鮮時代
にしか興味のなっかったわたしは、無視を
続けて、今回初めて見ることになりました。

理由はただ単にほかに まだ見ていない
歴史ドラマをやっていなかった為です。

正直、百済に関するドラマだということさえ
知りませんでした。

内容は、イ・ソジン扮するケペクが寺の奴婢から
大将軍に登り詰め最後には愚かな王と元恋人
だった女王の陰謀(自分と自分の王子を唐に世子と
認めさせるために新羅と通じた)為に百済とともに
散っていくという話です。

歴史によれば、羅済同盟により百済と新羅は
互いに力を合わせ、ある時は共に国防にあたり、
またこの時期になると国力が弱まった高句麗を
活発に攻撃しました。

ところが百済が漢江流域の領土を確保すると、
新羅の真興(チヌング)王は120年もの間続いた
同盟を破って百済を攻撃し漢江流域を占領し、

これに対して百済の聖(ソング)王は554年、
軍を整備して新羅を攻撃しましたが
時すでに遅し、管山城(現在の忠清北道玉川)で
大敗を喫し自身も戦死してしまう。

これにより百済は危機に陥り、これを見た
高句麗が百済の熊川城を攻撃しました。

しかし、この攻撃は聖王の後を継いだ
威徳(ウィドク)王が無事に防ぎきり
威徳王は聖王の戦死を雪辱と勢力の回復を図る
ため新羅を度々攻撃しました。

また、中国と積極的に外交交渉を行い中国の
多くの国々に使臣を送りました。

威徳王が亡くなったその後は、恵(へ)王と
法(ボッブ)王が即位しましたが、
際立った業績もないまま2年で次々とこの世を
去り武(ム)王が王位につきました。

武王は新羅をしきりに攻撃しながら同時に隋に
朝貢し、高句麗を討伐する様にしきりに出陣を
要請ました。

しかし隋はこの時百済の要請には応ぜず、
代わりに韓半島の三国が争わないように
命じました。

618年に隋が唐に変わると百済を先頭に
韓半島の三国は互いに使臣を送り、624年唐の
高祖は武王を“帯方郡百済王”に封じました。

武王は軍を整備し新羅に奪われた領土を
取り戻そうとましたが唐の中止命令により
果たすことが出来ませんでした。

この様に武王は国の勢力を回復させるために
中国(隋・唐)に対し懸命な外交努力を
行いました。

また、新羅の攻撃に備え高句麗と同盟を
結んだりもしました。

しかし、晩年は奢侈と享楽に溺れ百済滅亡の
原因となりました。

641年武王が亡くなり義慈(ウィジャ)王が即位
しました。

義慈王は英邁で父母に対しても孝道を尽くし、
兄弟に対する思いやりも深く、多くの人々から
尊敬されました。

義慈王はケペクを重用し、王位に就いた翌年には
新羅を攻め40余城を陥落させ、その後、
当項城・大耶城・腰車城などを攻撃し新羅を
苦境に陥らせるなど国威の発揚に力を注ぎ
ました。

連勝を続けた義慈王は次第に傲慢になり贅沢を
好み享楽にふける様になって行きました。

朝廷では王の周辺は忠臣よりも奸臣たちにより
固められただけでなく、ケペクを解任し
忠臣が真心をこめて王に諫言を呈してもかえって
王の恨みを買い多くの忠臣が朝廷を去って
行きました。

佐平の役職にいた成忠(ソングチュング)は
泣きながら義慈王を諌めようとした。

ところが王は一向に聞かず佐平を追い返して
しまったのです。

成忠が下がると奸臣たちや後宮の女官たちは、
先を争ってつぎつぎに成忠の陰口を言い始めた。

王は彼らの言葉を鵜呑みにして成忠を投獄し、
成忠は断食をしながらもいつ来るかもしれない
他国からの攻撃に備える方法を血書に残して
亡くなりました。

『…万一他国が攻めて来たら水軍は伎伐浦
(ギバルポ=錦江の入口)の丘を越えさせては
ならず、陸路軍は炭(タンヒョン=忠清南道、
錦山と完州の境界の丘)を越えさせては
ならない。』

しかし、成忠の遺書は途中で奸臣たちの手により
義慈王へ伝えられることはありませんでした。

その間に新羅では真徳(チンドク)女王が
亡くなり、新羅で最初の真骨出身(新羅の
身分制度は骨品制度と言い、真骨は聖骨に次ぐ
身分ではあるが、それ以前の王はすべて
聖骨出身であった)である金春秋
(キムチュンジュ)が大臣たちの推薦で太宗武烈
(テジョングムヨル)王となりました。

そして、金春秋が実際に唐へ行って積み上げた
対中国への政策が実を結んだのです。

この様な周辺の状況も知らないまま義慈王は更に
放蕩生活に溺れて行きました。

百済の状況を把握した新羅の太宗武烈王は唐に
援兵を請い660年に羅唐連合軍が形成され
百済攻撃を始めました。

羅唐連合軍が堰を切ったように押し寄せて
くると、ようやく自らの過ちに気がついた
義慈王はそこで初めて今までの自分の愚かを
悔やみ、階伯(ケペク)将軍を召還し、
兵を備え敵の攻撃に対抗しようとしたが、
既に綱紀が緩んでいる上に18万の羅唐連合の
攻撃を前にして充分な対抗が出来る状況では
ありませんでした。

唐の蘇定方が率いた13万の大軍は既に伎伐浦に
到着し、金庚信(キムユシン)が直接率いた
5万の新羅軍も炭を過ぎ山伐(ファンサンボル)に
陣を構えました。

百済の最後の名将である階伯(ケペク)は黄山伐の
戦いを前に戦死する事を覚悟し、妻子を殺して
最期の戦に臨みました。

5万の新羅軍を前にして階伯の旗下には僅か
5千の兵が全てでした。

しかし彼らは死を覚悟して新羅軍に対抗したため
反対に新羅の士気は徐々に落ち始めました。

ところがこの時、新羅軍にいた若い兵士で花朗の
官昌(クァンチャング)が2度にわたり一人の
百済軍の陣営に突進し結局命を落としました。

これをきっかけに新羅軍の士気が再び上がり、
百済軍は全員が戦死しました。

一方、義慈王は熊津城に避難したが泗城が陥落
したことを知り降伏しました。

これにより百済は31代678年の歴史に幕を
下ろしました。

唐は義慈王を始め、太子や大臣たち、更に多くの
百済人たちを唐へ連れて行きました。

また、熊津に都督府をおいて百済の地を支配
しました。

この時百済の遺民の中には新たの地を求めて
日本に渡るものや、百済の再興を目指すもの
少なくありませんでした。

しかし、再興運動は内部の分裂などにより
大きな成果を得ることなく終わりました。

日本と一番繋がりのあった、また日本の文化や
技術向上に一番影響を与えた百済でしたが、
こうして消滅してしまいました。

通常韓国の歴史ドラマでは英雄が勝って終わる
というストーリーが多いのですが、最期に
新羅兵達に切り刻まれて死んでいく姿は
見ていられませんでした。

通常の韓国ドラマでは百済がメインとなることは
(イイもん)少ないのですが
(現在の韓国人のほとんどが高麗人の流れを
継いでいるので)
そういった面でも珍しいドラマと言えると
思います。

それから、いつも思うんですがイ・ソジンの
逞しい二の腕、

いつ見てもすてきですね。

イケメン, 有名人, 朝鮮の歴史と時代劇, 韓流ドラマ

数年前ECCで韓国語を2年勉強しましたが、
ドラマを見てもちっともわかりません。

多分、文語と会話の違いなんだと思うんですが
字幕を読むと知っているはずの(習った)言葉なのに
言い回しが全然違っているし、早いので全く理解できません。

今日は時間があったので、イ・ソングク主演の「君を憶えてる」
から、聞き取った言い回しを字幕と一緒にメモってみました。

こうしていくうちに、すこしはドラマの内容が字幕なしでも
わかるようになるとうれしいんですけど。

聞こえたようにメモを取って字幕と比べてみました。
google翻訳ではほとんどわかりません。

わからなかったものにアンダーラインしてみました。

タジュセヨ    (やりたいようにやれば!)
タジュシラゴ   (やればいいじゃん)
クルッセ~    (さあね)
クンデ~     (それはそうと)
ヨクシ      (やっぱり)
トワジョ     (助けて)
オプチャナ~   (ないってば)
チェガオットケタジョ(お気の毒です)
マックナ~    (やっぱり)
チェガボンゴンデ (かまをかけたんだよ)
ヨクシクレッソヨ (そのとおりでした)
オッチョジョ   (どうしよう)
ムスンイリシジョ (なんか用事?)
チョンシンヘジュセヨ?(大丈夫ですか?)
ナ アラボゲスミカ(私がわかりますか?)
ヌグンジ オットケセンガンヌンジ(誰だったか、何がおこったのか)
マレヘボセヨ   (話してください)
コエヨッコ    (ほとんどない)
アムゴトアンチキョンデヨ(何も撮れていません)
イルイリサムシムニダ(警察です)
警察の電話番号は112(イルイルイ=イリリ)サムシは事務所、
  イリリサムシイムニダかな?
デイブシンジイヨンジカルチアナヨ?(デイブに似ていませんか?)
デイブイジャジカッタ(デイブの奴みたいだ)
ナハンテバロッコ (俺に電話しろ)
サレダギソ    (殺された!)

やっぱりよくわかりません。

でも、こうやってドラマの字幕から勉強していくと
会話がだんだん判るようにような気がします。

また時間があったらやってみよーっと。

韓国語, 韓流ドラマ

Mnetを契約していたんですが、あまり面白い番組もなく
KNTVの方が韓国ドラマの放映数が圧倒的に多いので
Mnetを解約してKNTVを契約しました。

Mnetで大好きだったスーパースターKはどうなったのか
一時はすごいはやりようで、日本でのオーディションに
「次長課長」の河本準一が出場したこともありましたね。

気になっていましたが、どうももうやっていないようですね。
Googleサーチでも(7)(2015年?)までしかヒットしません。

スーパースターKと言えばやはり一番有名なのはソ・イングクでしょうか。

スパースターK(1)で優勝して2、3曲歌を出したみたいですが、
彼のせっかくの声に合わない幼稚な曲で、あまり売れなかったと
記憶しています。

現在ではどちらかというといい俳優になったようで、
正に今KBS Worldで放送している「君を憶えてる」、「王の顔」や
「応答せよ1997」なんかで覚えている方もいらっしゃるの
ではないでしょうか。

すごい細目の1987年生まれでもう31歳になっています。

特に気になっていた男女のデゥオがあるのですが
アメリカ出身の「トゥゲウォル」というんです。

最初のアメリカでの審査の時は確か2人とも高校生だったと
思うんですが、男の子の方はとてもシャイで女の子は
身なりは芋っぽかったですが、歌はとても上手でした。

かなりいいところまで残って、韓国でデビューしたのを
見た時は、男の子はいませんでした。

男の子の方はト・デユンといってやはり学業の問題から
アメリカに帰国したようです。

女の子はキム・イェリムと言って今でも時々ソロで歌っています。

ずいぶんきれいになりましたが、それより彼女の声がセクシーで
アメリカ人の歌手でそっくりな声の歌を聞いたことがあります。

整形しているのかいないのか、どんどん韓国美女風に変わって
いって、外見についてはちょっとがっかりですが、

どんどん出てくるアイドルもいいですが、韓国には本当に歌のうまい
歌手も多いので、こういった歌手の歌も聞いてみると
新しい韓国が見えるかも・・・

K-POP, 有名人, 芸能