明洞の記事一覧

明洞のお粥と言えば栄養粥が一番人気だと思いますが、
SAVOYに泊まっていたので近くの多味粥に行ってみました。

私はかぼちゃ粥(甘くておいしい)8,000ウォン

妹達はアワビ粥15,000ウォンを頼みました。

栄養粥はアワビ粥が12,000ウォンだったのでちょっと高め。
味はあまりどっちもかわらないかな。

辛くて重い食事とマッコリで重~くなった胃には
いい感じです。

でもやっぱり、朝食に15,000ウォン使うのは日本人だけですね。

  

明洞, 食べる

明洞に行くたびに絶対に立ち寄るオッパダック。

どうしてあんなにおいしんでしょうね。

油が出てこないからベーク(焼き)だと思うんですけど、

チキンの嫌いな(匂いと皮の周りのぐちゃぐちゃが・・・)私が
ついついがっついてしまうほど美味しい。

なんで日本に進出して来ないんだロー。

カーネル○ダースさんとこよりよっぽどおいしのにね。

で、このオッパダック。実は夜若者でメッチャはやる、いわば
韓国版「鳥貴族」。

メニューは鶏だけ、これを韓国焼酎をグビグビのみながら
食べる。

そんな若い人達だらけのところなんですが、私達はお昼にしか
行かないんですねー。

だって、すっごくうるさいし、焼酎ねめないしー。
マッコリないし・・・ ん   んん?

マッコリがある!

ということで、今回行ったらマッコリ売ってたんですねー。
ウレシー。

これで、こそっと保温ポットに入れて持っていって隠れて飲まなくていいー。

ちなみに今回は夜の11時に着いたので、パンパン(半分半分という意味)

半分はプレーンで半分はチリ(ちなみにメッチャ辛いです。)

 

 

マッコリ, 明洞, 食べる

以前はそれほど見ませんでしたが、
最近明洞や南大門の屋台でワンちゃんの服を売っているのを
よく見かけるようになりました(2016年ぐらいからかな)

初めて見かけたのは弘大の屋台でした。かわいいおりこうさんの
ワンちゃんがいるお店で、ついついいっぱい買ってしまいました。

めっちゃかわいいのがたくさんあって、日本よりは随分安いと
思います。

何せ日本のワンちゃんの服は、子供の服と同じぐらいしますから。

それで何年か前にたくさん買ったんですが、問題発覚

サイズが1サイズ小さい。

うちのワンちゃんたちは3.2kgのマルプー(マルチーズとプードルの合いの子)
と5kgのプードルで、通常はマルプーのハルちゃんがMサイズで、
プードルのアインちゃんはLなんですが、

韓国で買うときはかならず1サイズ上を買わないと入らない。

前回すごくたくさんかわいいの買ったのに、全く入らず
小さい仔にあげてしまいました。

今回は一つのみ暖かそーな全身を包む中モフモフのジャンバーを
購入しました。Lサイズがあまりにも大きく見えたので、やっぱり
Mサイズを購入してきせたのですが、

パッツパツで、その場にたたずんでしまったハルちゃんでした。

ということで、明洞や南大門の屋台でかわいいワンちゃんのお洋服を
買うときは1サイズ上をお勧めします。

お土産, ワンちゃん用品, 南大門市場, 明洞

今回は夕方6時頃のアシアナ航空便に乗ってきたので、
(しかも機体の到着遅れで少し遅くなったし)
インチョンからのリムジンで、何時もなら明洞駅で降りるのですが

南大門市場で降りてみました。
イビスホテル前っていう手もあったんですが、
南大門市場と言っても出口の大通りのところだったので
強引に降りてみました。

道路を渡ってすぐのところが明洞なので、正解でした。

明洞駅まではぐるっと回ってあと20分はかかりますから。。。

で、降りたところがま~キラキラ、ピカピカ。

 
 
 
ホテルに向かうのも忘れてしばらく見入ってしまいました。

SAVOYまでは歩いて10分ぐらいなので、こんどからは
南大門市場で降りることにします。

クリスマス, 明洞

前回と同じく今回もSAVOYに泊まりました。

今回は2人の旅だったので、シングルツインに泊まりました。

禁煙ではなかったようで、臭いが少し気になりましたが、
明洞の中心にあるので、どこへ行くにもものすごく便利です。

一階の隣にはコンビにもあります。

ただ大きな通りの前なので、朝以外は車が入りにくいという難点はありますが。。。
窓からはメインの通りが見えます。

すぐ横にBEANSBINS COFFEE(デザート喫茶)とその下に
コンビにがあるのでとても便利。

部屋は狭めですが、2人なら十分。
 
バスルームはクリーンで、アメニティーもそろっています。

ホテル, 明洞

朝ごはんにあまりお金を使いたくない時や、そんなに
おなかがすいていない時には、お勧めなのが屋台の
おでんとキムパップ。

明洞の3つの通りの一番南大門に近い通りにある
屋台で、おでん2つとキムパップ2つ頼みました。

全部で5000ウォン≒500円

これで浮いたお金でコスメ買おっと!

おでんは日本のはんぺんを伸ばしたような感じで、
日本のはんぺんよりは少しやわらかめ。
最初食べたときは美味しいとはおもいませんでしたが、

今は大好きです。

キムパップは、細い酢なし飯に卵や沢庵、ごぼう?などが
入っていて、これも慣れればおいしいです。

お茶の変わりにおでんの汁をコップに入れてくれるんですが
最初これにはすこしびっくりしました。

薄味で、まあスープ付きと思って飲みましたが。

ほかにもスンデ(豚の血のソーセージ)や普通のソーセージ、
トッポキなど色々あります。
1つ1,500~2,000ウォンぐらいです。

一度は挑戦してみてください。


多味粥の近く

明洞, 食べる

「ミルキービー」へ行ってきました。

本当にミルキーのような味のさらっとしたアイスの上に
2センチ角ぐらいの蜂の巣が乗っていました。

アイスは蜂の巣と食べるとさらに甘くなって、
蜂の巣の蝋(ろう)が口の中に残っていやだと
言う人もいますが、私は甘みがぬけた後捨てます。

ちなみに、私の姪は蝋も飲み込んでいました。
どちらが正しいのか?
まあ、どこかの店でパラフィンで作っていたという
話もあるので、蜂の巣は食べないほうがいいと思います。

以前来たときはお客さんであふれていましたが、
今回はそれほどでもありませんでした。

そこで新しい「バラの花アイス」なるものを出していましたが、
今回は食べませんでした。

次回はトライしてみたいと思います。

明洞, 食べる

何度も行っているオッパダックですが、
実は本来のオープン時間は3時からなんです。

ここは、地元の人たちが夜になるとお酒(もっぱら焼酎)を
飲みながら会話を楽しむところなので、開くのが遅いのです。

ですが、こっそりお昼ごろから開けていて、お昼も食べることができます。

いつもは、衣のついた照り焼きチキンとかを食べますが、
今日は衣の付いていない「オリジナルベークトチキン」に
してみました。

甘酸っぱいソースと辛子ソースの2種類で食べるのが
普通ですが、元々味が付いているのでそのままでもOKです。

2人で1皿が丁度でした。約1,500円でこれはお得です。

どうして日本に出店しないのかな~?

してくれたらいつも行けるのに。

明洞, 食べる

前回も入ったのですが、名前が分からなかったので
今回ちゃんと調べてきました。
雪氷と書いて(ソルピン)と読みます。

現在は明洞に3店舗あるとか。

私たちは3本のメイン道路の一番南大門から遠い
「オッパダ」というチキン屋さんの下にあるところ
に入ってみました。

一番人気は何と言ってもきな粉のカキ氷。それときな粉の
かかったトースト。

両方食べてみました。

パッピンスのほうはふわふわの氷でミルクの味がついています。

この上に、きな粉とカキ氷、とっても合います。

トーストはカリカリで、中にお餅が入っています。
私はそんなに美味しいとは思いませんでしたが。。。

どちらも練乳をかけて食べるとまたちょっと違った
感じになります。

きな粉パッピンス、おススメします。

明洞, 食べる


明洞には色々な屋台が出店していますが、
私が知る限りおでんやトッポキ(キンパやスンデもあります。)を
売っているこのココだけだと思います。

持ち帰りもできますが、私はココでアツアツを
食べるのが好きです。

スンデは豚の血が入ったソーセージですが、
私はちょっと無理!(心臓や肝が食べられるあなたはOKかも)

なにか注文すると、コップにお水ではなく
おでんの汁(非常に薄味)を出してくれます。

おでんは日本でいう練り物なのですが、
はんぺんを薄くのばしたような感じです。

最初は美味しいと思いませんでしたが、
慣れると好きになるかも。。。

明洞, 食べる