カテゴリー別アーカイブ: 朝鮮の歴史と時代劇

韓国の時代劇に絡めて朝鮮時代の歴史について紹介していきます。

第17代王「考宗」(ヒョジョン)1649~1659年

仁祖の次男で、兄の昭顕世子とともに清で人質生活をすごしたが、 仁祖に毒殺された疑惑がある兄とは違い、完璧な反清主義者になりました。 これは父の仁祖が清の皇帝ホンタイジに跪いて臣下の礼を取らされた 恥辱を忘れずにいたことと … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | コメントをどうぞ

16代王「仁祖」(インジョ)1623~1649年

綾陽君は第14代国王宣祖の庶5男定遠君李琈(元宗)の長男として生まれました。 綾陽君は本来王位を望める立場ではありませんでしたが、明と後金の 両方に尻尾を振る光海君を生ぬるいとする西人派が1623年3月13日、 クーデタ … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

15代王「光海君」(カンヘグン)1608~1623年

第14代国王・宣祖の次男(庶子)で、母は宣祖の側室の恭嬪金氏。 第11代国王中宗の曾孫にあたります。なお庶子で長男の臨海君は 気性が激しかったため世子としませんでした。 当時の朝鮮では嫡庶の別や長幼の序は大変厳格でしたが … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | コメントをどうぞ

14代王 宣祖(ソンジョ)在位:1567-1608

即位前は河城君(ハソングン)。父は第11代国王・中宗 恭僖王と 昌嬪安氏の三番目の息子・徳興大院君李岹であり、中宗の孫、 第12代王仁宗と第13代王明宗の甥にあたります。 13代王・明宗(ミョンジョン)には息子が1人いま … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | コメントをどうぞ

13「明宗」(ミョンジョン)1545~1567年

明宗は11代中宗の文定王后(中宗の後宮で勝ち抜いた)が生んだ息子で 11歳で即位しました。 在位当初から8年間は母親の文定王后尹氏が実権を握り、文定王后は 一族で政権を独占し、賄賂政治で不正を横行させたたため 、社会や政 … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | コメントをどうぞ

12「仁宗」(インジョン)1544~1545年

仁宗は11代王中宗の章敬王后 尹氏が生んだ息子です。 朝鮮王朝の歴代君主中、最も在位期間が短い君主として知られています。 父親が在世中に改革を試みたが果たせず、遺物として残っていた 宮中の腐敗を撤廃しようと試みました。 … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | コメントをどうぞ

11「中宗」(チュンジョン)1506~1544年 チャングムの王様

第9代成宗の次男で、第10代燕山君の異母弟です。 第7代王の世祖の擁立に功の有った勲臣と、その子孫達で構成されていた 勲旧派のクーデターによって燕山君を廃位に追いやられた後擁立されたが、 勲旧派が強力になりすぎたことを懸 … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | コメントをどうぞ

第10代国王「燕山君」(ヨンサングン)1494~1506年

第9代王成宗の長男として生まれた燕山君は、朝鮮王朝27人の 王の中で、今でも一番評判が悪い王でした。 朝鮮27代のうち、大王と呼ばれなかった人が2人いますが その中の1人が燕山君です。 これは彼の母親斉献王后がその嫉妬深 … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇, 韓流ドラマ | タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

第4代大王 偉大な大王セジョン(ハングル文字を作った人)

朝鮮時代の歴代の大さまの中で、多分 もっとも有名なのは世宗大王(セジョン)では ないでしょうか。 特に、文盲率が非常に高かった(ヤンバン以外字が読めてはいけないと 言われていた)のを、母音と子音で出来ていて、覚えやすい … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇, 韓流ドラマ | タグ: , | コメントをどうぞ

景福宮の水剌間(スラッカン)が完成しました

2015年5月2日から10日まで景福宮の 水剌間(スラッカン)を 見ることができたので、言ってきました。 チャングムさんが働いていた場所なので、 何か見覚えのあるものがあるかと思い 朝1番で行ったのですが、 10時半から … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇, 観光 | タグ: , | コメントをどうぞ