カテゴリー別アーカイブ: 朝鮮の歴史と時代劇

韓国の時代劇に絡めて朝鮮時代の歴史について紹介していきます。

第6代王「端宗」(タンジョン)短命すぎる王

16歳でなくなった王に、「端宗の墓」かわいそう過ぎて周りの待つまで 頭を下げているといわれています 。 父は第5代国王文宗で 父の3人目の王妃の母は 顕徳王后權氏の長男と してうまれました。 父の文宗が短命なため、 14 … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

第5代王 短命な「文宗」(ムンジョン)

1414年、世宗の長男として生まれて、 7歳で世子(セジャ)となり、 世宗大王が健康を害していたため、 即位前(世宗24年)から摂政として 政務に携わりました。 文宗自身も 若くして病に倒れ、 在位2年、38歳で逝去しま … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | タグ: , | コメントをどうぞ

韓国好きなら誰でも知っている第4代王 大王世宗(テワンセジョン)

ソウルに行ったことがあるあなたなら、 景福宮の前の大広場にある大王世宗の 大きな像を見たことがあるかもしれません。 大王(テワン)とはもっとも偉大な王様に だけ使われる言葉で、そういった意味では 世宗大王が韓国で一番有名 … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

3代目太宗(バンウォン)は今なら超犯罪者

太祖のイ・ソンゲの5男イ・バンウォンは、 父である太祖が王(ワン)氏の高麗の 最後の王を廃し、朝鮮王朝を建国した ときの一番の功労者でした。 にもかかわらず、太祖が自分ではなく、 異腹の弟の8男を自分の後継ぎと決めた時、 … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | コメントをどうぞ

第2代チョンジョンは本当は幸せな人だったのかも

初代朝鮮王朝の太祖の次男としてうまれた 李芳果(イ・バンカ)は優秀で、父に就いて 多くの戦いに参加し多くの功績を立てましたが、 性格がやさしく、兄弟で殺しあってのし上がることを 嫌いました。 太祖は、後継ぎを先の后の子で … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | コメントをどうぞ

朝鮮の始祖「イ・ソンゲ」という人<大風水>

 現在BSで放送中の<大風水>は チサン扮するが朝鮮を建国した 「イ・ソンゲ」を助けて 形だけの王であった高麗の 最後の王である王氏(ワン氏) 禑(ウ)王を操っていた 「イ・イニム」を退治して 朝鮮王朝(李氏 … 続きを読む

カテゴリー: 朝鮮の歴史と時代劇 | タグ: , | コメントをどうぞ