オッパダックの記事一覧

明洞に行くたびに絶対に立ち寄るオッパダック。

どうしてあんなにおいしんでしょうね。

油が出てこないからベーク(焼き)だと思うんですけど、

チキンの嫌いな(匂いと皮の周りのぐちゃぐちゃが・・・)私が
ついついがっついてしまうほど美味しい。

なんで日本に進出して来ないんだロー。

カーネル○ダースさんとこよりよっぽどおいしのにね。

で、このオッパダック。実は夜若者でメッチャはやる、いわば
韓国版「鳥貴族」。

メニューは鶏だけ、これを韓国焼酎をグビグビのみながら
食べる。

そんな若い人達だらけのところなんですが、私達はお昼にしか
行かないんですねー。

だって、すっごくうるさいし、焼酎ねめないしー。
マッコリないし・・・ ん   んん?

マッコリがある!

ということで、今回行ったらマッコリ売ってたんですねー。
ウレシー。

これで、こそっと保温ポットに入れて持っていって隠れて飲まなくていいー。

ちなみに今回は夜の11時に着いたので、パンパン(半分半分という意味)

半分はプレーンで半分はチリ(ちなみにメッチャ辛いです。)

 

 

マッコリ, 明洞, 食べる

何度も行っているオッパダックですが、
実は本来のオープン時間は3時からなんです。

ここは、地元の人たちが夜になるとお酒(もっぱら焼酎)を
飲みながら会話を楽しむところなので、開くのが遅いのです。

ですが、こっそりお昼ごろから開けていて、お昼も食べることができます。

いつもは、衣のついた照り焼きチキンとかを食べますが、
今日は衣の付いていない「オリジナルベークトチキン」に
してみました。

甘酸っぱいソースと辛子ソースの2種類で食べるのが
普通ですが、元々味が付いているのでそのままでもOKです。

2人で1皿が丁度でした。約1,500円でこれはお得です。

どうして日本に出店しないのかな~?

してくれたらいつも行けるのに。

明洞, 食べる

日本でこんなにおいしいフライドチキンを食べたことがない!
なんで日本に出店しないの?

と思わず言ってしまうほどおいしいのが「オパダック」です。

初めて行った時は一皿があれほど大盛りだとしらず、
3人で3皿オーダーして、食べられないので持ち帰りの
入れ物をもらって、夜食として食べました。

とにかく、脂っこくなく、
KFJのように皮と肉の間からジュワーっと油が出てこない。

基本的に鶏がきらいな私でもおいしいと思えるのは、
皮がパリパリで、肉は柔らかく、臭みがないからだと
思います。

KFJなら1つしか食べられない私ですが、
オパダックのチキンなら3、4ピースはペロリです。

明洞には2件ありますが、ソウルっ子にとって
フライドチキンは夜焼酎を飲みながらワイワイする場所のようです。

ですので、夕方からはすごく混んでいてやかましく、
あまりゆっくりできません。

私たちは誰もいないランチタイムに良くいきます。
(ほとんどだれもいないのでやっていないかと思いがちですが
ちゃんとお昼時間も開いています)

おススメは「パン・パン」半分半分
オリジナルともう一つ好きなものとを一皿に半分ずつ入れて
くれます。

オリジナルはシンプルでほんのりカレーっぽい匂いがします。
これは甘酸っぱいソースにつけて食べると絶品。
もう半分は照り焼きを頼みます。(辛い物もあります)

3人がお腹いっぱいとまではいきませんが、
まずはこのくらいにしておいて、屋台やカフェの分も
残しておきます。

明洞, 食べる