明洞の記事一覧

明洞のお粥と言えば栄養粥が一番人気だと思いますが、
SAVOYに泊まっていたので近くの多味粥に行ってみました。

私はかぼちゃ粥(甘くておいしい)8,000ウォン

妹達はアワビ粥15,000ウォンを頼みました。

栄養粥はアワビ粥が12,000ウォンだったのでちょっと高め。
味はあまりどっちもかわらないかな。

辛くて重い食事とマッコリで重~くなった胃には
いい感じです。

でもやっぱり、朝食に15,000ウォン使うのは日本人だけですね。

  

明洞, 食べる

今回は夕方6時頃のアシアナ航空便に乗ってきたので、
(しかも機体の到着遅れで少し遅くなったし)
インチョンからのリムジンで、何時もなら明洞駅で降りるのですが

南大門市場で降りてみました。
イビスホテル前っていう手もあったんですが、
南大門市場と言っても出口の大通りのところだったので
強引に降りてみました。

道路を渡ってすぐのところが明洞なので、正解でした。

明洞駅まではぐるっと回ってあと20分はかかりますから。。。

で、降りたところがま~キラキラ、ピカピカ。

 
 
 
ホテルに向かうのも忘れてしばらく見入ってしまいました。

SAVOYまでは歩いて10分ぐらいなので、こんどからは
南大門市場で降りることにします。

クリスマス, 明洞

朝ごはんにあまりお金を使いたくない時や、そんなに
おなかがすいていない時には、お勧めなのが屋台の
おでんとキムパップ。

明洞の3つの通りの一番南大門に近い通りにある
屋台で、おでん2つとキムパップ2つ頼みました。

全部で5000ウォン≒500円

これで浮いたお金でコスメ買おっと!

おでんは日本のはんぺんを伸ばしたような感じで、
日本のはんぺんよりは少しやわらかめ。
最初食べたときは美味しいとはおもいませんでしたが、

今は大好きです。

キムパップは、細い酢なし飯に卵や沢庵、ごぼう?などが
入っていて、これも慣れればおいしいです。

お茶の変わりにおでんの汁をコップに入れてくれるんですが
最初これにはすこしびっくりしました。

薄味で、まあスープ付きと思って飲みましたが。

ほかにもスンデ(豚の血のソーセージ)や普通のソーセージ、
トッポキなど色々あります。
1つ1,500~2,000ウォンぐらいです。

一度は挑戦してみてください。


多味粥の近く

明洞, 食べる

世宗ホテルの近く(裏側)にもいくつかお土産やさんがありますが、
私たちは、「のり天下」や「お土産天国」ではなく、
ドリームコスメの横にある小さな「スーパーマーケット」に
いきます。

《奥にある休憩スペースです。狭いですが居心地がよいです。》

中はなかなか狭くて物があちこちにおいてあるんですが、
かならず日本人のバイトの方がいて、奥においてある
ソファとテーブルに掛けると、置いてあるものから何でも
好きなお茶を出してくれます。

《上に並んでいるのがお茶です。お茶は何十種類もあります。》

今流行のお菓子もココで試食できます。
ゆっくり座ってお茶を飲んで、お土産を探せるのが
気に入っています。

《試食しすぎちゃいましたね。》

のりやゆず茶はもちろん、日本人のお姉さんがお買い特な
ものとか、お菓子の内容とかを色々説明してくれます。

私はここでいつもチョコレートコーティングのひまわりの
たねを買います。(ちなみに10個買うと1個おまけがつきます。)

スーパーなのでマッコリやつまみも売っています。

明洞に行く時には必ず寄るスーパーのひとつです。

一度入ってみては?

お土産

ソウルに行くと何しろたくさん歩くので、
足が痛くて痛くてたまりません。

ということで、私にはマッサージ店が最重要ポイントの
一つです。

殆どのお店で18,000ウォンのサービスからあるのですが、
内容は天と地、店によって全然違います。

中にはほとんど機械を使って、マッサージが10分ほどという
ところもありますから気を付けましょう。

という私は、ベストを探して、
道端でチラシを配っているものを、次から次へと行ってみました。

高額を出せばそれ相応のサービスを受けることができるの
でしょうが、それなら日本だって同じです。

なので、私は18,000ウォンにこだわって、渡り歩いた
結果、この2つがベストだと思います。

「オアシス」(明洞芸術劇場の向かえ)
「足道」(NANTA内)

両方とも全部手もみですが、「オアシス」は最後にパラフィンがついていて
女性の店員さんが日本語ペラペラで親切です。
最後にお茶も付きます。

着替え室はロッカーがないので、貴重品は持って行く。

お兄さんたちはほとんど日本ができないが、
「強く」とか「弱く」ぐらいはわかります。

最後にお茶のサービスが付きます。

どこでも高いサービスを勧められますが、私は18,000ウォンの
マッサージが一番お得だと思います。
(以前全身マッサージやアロママッサージも受けましたが、
今は日本で受けたほうが、技術も上で、お得に受けられる
ことが多いです)

足道は、技術は「オアシス」より上だと思いますが、
店主さんがちょっとそっけないです。
パラフィンはありません。
最近引っ越して「NANTA」に移りました。

2つとも前払いなので、これ以上ぼったくられる
ことはありません。

この2つは私もいつも行くマッサージ店なのでおススメです。

マッサージ店の見分け方は、お客がたくさんいるか
どうかです。

中に入ってもすぐにできるようなお店はあまり人気の
ないところだと言っていいでしょう。
また、高いサービスを売りつけてくる店もあるので
初めてのあなたはくれぐれも気を付けましょう。

ボディーケア―

日本でこんなにおいしいフライドチキンを食べたことがない!
なんで日本に出店しないの?

と思わず言ってしまうほどおいしいのが「オパダック」です。

初めて行った時は一皿があれほど大盛りだとしらず、
3人で3皿オーダーして、食べられないので持ち帰りの
入れ物をもらって、夜食として食べました。

とにかく、脂っこくなく、
KFJのように皮と肉の間からジュワーっと油が出てこない。

基本的に鶏がきらいな私でもおいしいと思えるのは、
皮がパリパリで、肉は柔らかく、臭みがないからだと
思います。

KFJなら1つしか食べられない私ですが、
オパダックのチキンなら3、4ピースはペロリです。

明洞には2件ありますが、ソウルっ子にとって
フライドチキンは夜焼酎を飲みながらワイワイする場所のようです。

ですので、夕方からはすごく混んでいてやかましく、
あまりゆっくりできません。

私たちは誰もいないランチタイムに良くいきます。
(ほとんどだれもいないのでやっていないかと思いがちですが
ちゃんとお昼時間も開いています)

おススメは「パン・パン」半分半分
オリジナルともう一つ好きなものとを一皿に半分ずつ入れて
くれます。

オリジナルはシンプルでほんのりカレーっぽい匂いがします。
これは甘酸っぱいソースにつけて食べると絶品。
もう半分は照り焼きを頼みます。(辛い物もあります)

3人がお腹いっぱいとまではいきませんが、
まずはこのくらいにしておいて、屋台やカフェの分も
残しておきます。

明洞, 食べる

明洞に行くと、まずは腹ごしらえ。

一番簡単で安いプデチゲを食べます。

ノルプデチゲというお店なんですが、

以前は明洞の3大通りの真ん中の通りを
少し入ったところにありましたが、

そちらはなくなっていて、2013年からは
忠武路沿いの南大門寄りのお店だけになりました。

中に入れる具は、安いモノから高いモノまであるので、
変わってきますので、ちゃんとメニューを見て
くださいね。

念のため、お肉を入れると当然高くなります。

明洞では、歩きながら色々なモノを食べたいので、
ここでは4人で2人前ぐらいにしておきます。

中身は野菜やスパムやウインナー、ラーメンなどで、
ラーメンを余分にもらって、
20,000ウォンぐらいだったと思います。

プデチゲのチゲはみなさんもご存じだと思いますが、
プデ=部隊という意味なんですって。

部隊の兵隊さんたちが、あるものを持ち寄って
鍋にしたことから名前がついたそうです。

忠武路のお店には、日本語を話せるお兄さんも
いるので、韓国語が話せなくても大丈夫。

最初食べた時はジャンクフード的な感じがして、
違和感がありましたが、

最近は、日本の韓国食堂でも出しているところ
ありますよね。

チャンスがあれば、本場のプデチゲ食べてみては?

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
韓国食品・食材なら何でもOK!



食べる

急に決まったことなんですが、
4月3日(水)~5日(金)までソウルに行ってきます。

泊まるのは明洞の世宗ホテルです。

本当は7月ごろ行く予定だったのですが、
待ち切れずに行くことになりました。

世宗ホテルは昨年まで無料のメンバーシップを
オファーしており、これは登録制で、メンバーは
20%ぐらいディスカウントしてもらえました。

それで、4年ぐらい前から世宗ホテルを使うように
なったんですが、

今年から年会費約33万ウォンのメンバーシップ制に
なり、もちろん年1回宿泊無料など、色々なサービスが
着くのですが、やはり事前に33万ウォンはちょっと

と思い、しかも最近は東大門付近で夜遅くまで遊ぶことが
多かったので、イーストゲートタワーホテルを使って
いました。

今ちょうどこのイーストゲートタワーホテルが改装中で
予約できないところへ、世宗ホテルから35%OFFの
オファークーポンをいただいたので、行くことにしました。

世宗ホテルについてひとつあまり知られていないことを
お話ししますと、

航空券と込みのパッケージにはありませんが、実は
何室かだけ「オンドル」があります。

オンドル部屋には布団が3セットしかありませんが、
うちは4人で泊まります。

床暖房が良く効いているので、冬でも寒くありません。

何といっても1室20万ウォンと、昨年まだ円が高かった
ころであれば、1万5千円ぐらいで泊まれました。

今回はこのクーポンがあるので、18万5千ウォンなので
1万6千円ぐらいになりますが、それでも3人でこの値段
なので安いですよね。

今はきれいな写真がないので、今回行って撮ってきますね。

世宗ホテルは明洞駅から近く、また空港からのリムジンバスも
まん前で止まるのでとても便利です。

ただ、自分でネット予約する場合、ホテルからの連絡は
英語なので、英語がわからないとちょっと不便です。

現在はメンバーシップがないとHPからは予約できない
ようです。

http://www.sejong.co.kr/jp/room/Deluxe_04.asp

でも、メンバーシップが高いので、あまりお客が入らないのか
前に泊まったことのある顧客に35%引きのクーポンを送りつけているようです。

そのうちまた無料メンバーシップに戻ればいいな~と思って
います。(なんせこの場所は便利なので)

パッケージでも世宗ホテルと空港件のついたものもお得に
ありますので、初めての方はまずはそちらをトライしてみると
いいと思います。

帰ってきたら、写真などアップしますね。

チャンカンマン キダリセヨ~。

てるみクラブは私が一番最初に使った旅行会社です。
最初に世宗のパッケージを見つけたのもここでした。
手続きも以外に簡単で、空港への送迎が無料のため、
免税店に寄るのだけが、少し面倒でしたが、それ以外は
とってもよかったですよ!


ブログ