交通手段の記事一覧

もうソウルに来るようになってから10年にもなるのに、
そういえばシティーバスに乗ったことがありません。

2階建ての緑のバスと赤いバスがあって、上は後ろ半分が
屋根なしです。←12月のマイナス2度ですけどなにか?

   

前日雨が降ったこともあって、椅子には氷が張り付いて
いましたが、
やっぱり乗っちゃいますよね。

東大門のデザインプラザの前に切符売り場があって、バスも停まっているので
すぐわかりました。

1万5千ウォンで1日乗り放題
紙のテープを手首にブレスレットみたいに巻いておきます。

赤と緑は別払いと書いてありましたが、
運転手のアジョシが、緑のバスから降りた私たちに早く赤いのに
乗れと言っていたので、どっちもOKなんでしょうねきっと。

「シティー観光コース」「歴史建物コース」があります。

■シティー観光コースは9:50-19:15(最終バス出発時間17:30)

所要時間:1時間半ほど

コースは
1.東大門デザインプラザ
2.ソウルの森公園
3.漢江トゥクソム遊園地
4.蚕室ロッテワールドタワー
5.チャンミ広場(K-POP公演場)
6.漢城百済博物館
7.オリンピック公園(世界平和の門)
8.建国大学
9.聖水駅(手製靴通り)
10.漢陽大学
です。

■歴史建物コースは 9:30-18:45(最終バス出発時間17:10)

所要時間は1時間ほどです。

コースは
1.芳山、中部市場 (五壮洞冷麺通り)
2.乙支路3街
3.徳寿宮,ソウル特別市庁
4.通仁市場 (青瓦台,西村,お弁当カフェ,スソン洞渓谷)
5.世宗文化会館 (光化門,景福宮,大韓民国歴史博物館,光化門広場)
6.ソウル駅 (旧ソウル駅舎、崇礼門)
7.南大門市場 (貨幣博物館)
8.明洞 (明洞聖堂)
9.鐘閣 (鍾路若者通り)
10.仁寺洞 (雲ヒョン宮)
11.宗廟 (ユネスコ世界文化遺産)
12.広蔵市場
です。

今回は歴史建物バスに乗りました。
  
アジョッシちょっとだけ出てきて寒すぎたのですぐ中に戻って行った。

      

 

さぶ~。
他の人達にきちがいのように見られながら、外からの
ソウルの風景をしっかり楽しみました。

東大門に戻って、運転手さんにもう一台のほうにも乗れと言われた時には
さすがに体が芯から冷えて、
「また今度にしますー。」
と早速ホテルに戻ってあったまった「変なやつら」でした。

とっても楽しかったよ~(*>∇<)/♪ キャッ☆★

交通手段

私が好きなのは大韓航空です。

ソウルへ行くとほとんど明洞に泊まるのですが、
仁川空港に降り立って、そのまま税関を通り過ぎて
荷物を取って扉を出たらすぐにリムジンバスに乗れるのが
便利です。

以前ANAを使っていた時には、空港内を電車で移動
しなければならなかったのが面倒でした。

それに、ANAのターミナルには休憩所や、フードコート、ショッピング
ができる場所がものすごく限られていてつまらない。。。

私の経験では、大韓航空も日本人のフライトアテンダント
がいて、言葉に困ることはほとんどありません。

食事はスナック程度で、これまでサンドイッチ、おにぎり
ちょっとしたお寿司などが出ました。

《今回のスナック》

《大韓航空の中とフライトアテンダント》

ちなみに今回私たちの面倒を見てくれたフライトアテンダントの
お姉さんはきれいなお姉さんでした。

交通手段, 空港, 航空会社

東大門は平日の夜10時頃から特ににぎやかになります。

これは洋品店の人が買いにくる卸(おろし)市場があちこちに
あって、10時以降に開店、朝の7時ぐらいまでやっている
からです。

さて、夜中を過ぎるとタクシーの料金はほんらいなら20%増しに
なるはずですが、ここ東大門ではほとんどが「ボッタクリタクシー」と
思ったほうがよいでしょう。

安くて2万ウォン程度、下手をすると一人2万ウォンとか
取られます。(ちなみに私も最初は友人たちと4人で
8万ウォンボッタくられた口です。)

少し待ってもOKならばオルペミバス(ふくろうバス)に乗ってみるのも
よいでしょう。料金は交通カードがなければ3千ウォンぐらい
だったと思います。

大体40~50分ぐらいで一回りしてまた帰って来ます。

一台で回っているようなので時間はあまり決まっていないようです。

以前書いたページのようにi-padなどを持っていればサイトで
現在バスがどこにいるかはしることができます。

東大門の乗り場は
「Hello! apM」の
前にあるバスの停留所
で、東大門歴史文化公園
(동대문역사문화공원)と
書かれてあるほうです。
東大門の停留所は少し遠い
ので、こちらが便利です。

明洞に行く方法は2つあります。

1つは、16番に乗って明洞駅で降りる方法です。
もうひとつは30番に乗ってロッテホテルの近くで降りる方法です。

 

16番に乗る

明洞駅の近くなら16番に乗るのがよいでしょう。
16番は明洞の駅のすぐ横で止まりますが、30番は
止まりません。
セジョンやナイントゥリー、サボイなど駅の近くなら
夜中でも危ない思いをせずに帰れると思います。

東大門から明洞駅までは6駅です。

30番に乗る

ロッテホテル近い場合は、30番に乗るのがよいでしょう。
6駅目のロッテ百貨店(롯데백화점)で降ります。

交通手段

ソウルのタクシーは日本に比べるとずいぶん安いです。

グレーや黄色の一般タクシーは
最初の2kmは3,000ウォン、
142mごとに100ウォン又は35秒ごとに100ウォンの
高いほうで料金を請求されます。

朝や夕方の込んでいる時間は、多めに請求される
ことが多いです。

ちなみに明洞駅のあたりから東大門までは
だいたい4,000~ 5,000ウォンほどです。

また、一般タクシーのほかに黒塗りの模範タクシーがあって、
これは、最初の3kmが5,000ウォン
164mごとまたは 39秒ごとに 200ウォンの加算と
なります。

いずれにしても日本と比べると非常に安いです。

通常明洞をねぐらにしているうちの家族は
ソウル市内であればタクシーを使うことが
多いです。

以前ソウルから約35km離れた水原というところにある
「韓国民俗村」に行ったのですが、

行きはソウルから地下鉄で水原まで行って、
そこからバスで行きました。

帰りのバスの時間が合わなかったので、タクシーを
拾ったら、そのタクシーのおじさんがソウルまで
5万ウォン(当時は4千円ぐらい)で行ってあげると
言われ、4人で言ったので、電車とバスを合わせると
かえって安くなるので、お願いしました。

最近は正規のタクシー運転手でも、ぼったくりが
増えているということなので、

だいたいの目安を覚えておくとよいでしょう。

また、夜の12時以降は夜間料金で、4倍や10倍の
金額を要求されるので気を付けてくださいね。

行先を言っていくらですか?(オルマエヨ?)と聞くと
よいでしょう。

以前初めて東大門に夜中に行った時、4人で
明洞まで帰ったら一人1万ウォンずつとられました。

普通の時間なら全部で5千ウォンぐらいなのですが・・・
つまり8倍ぼったくられたということです。

夜の東大門は現地の人達でもまともなタクシーを
拾うのが難しいので、どうせならサウナに入って
ひと眠りして朝5時以降(通常料金に戻る)帰る
という手もありですね。

後は、ミリオレの8Fの食堂で5時まで過ごすのも
ありです。(5F以上のエレベーターが暗いので
やっていないと思われるかもしれませんが、
ちゃんとやっています。)

私は、Internationalと書いてある黄色いタクシーを
探すようにしています。

日本語を話せる運転手さんも多いので、そのうち、
半日や1日のツアーをお得にお願いすることにも挑戦
してみたいと思います。

交通手段

毎回ソウルへ行くと、一度は夜中のショッピングを
楽しんでしまうのが東大門のショッピングエリアです。

特に好きなのはミリオレで、3階の男性服売場では
若い男の店員さんが、すごい勢いで声をかけてきます。

中でも、セーターやジャケット、T-シャツは
中々かっこいいものが揃っていて、
二十歳の甥にお土産でドッサリ買って行くと、
すごく喜ばれます。

金額は、大体言い値の7掛ぐらいを目安に購入します。

買い物のことは今度また別の機会に書くとして、

今日は夜中のみ走っているバスのことについて
書いておきます。

日本でしっかり調べておけばよかったのですが、
ソウルに行ってからこのバスについて知りました。

ソウルでは夜中の12時を過ぎると、タクシーが
深夜料金になって、

日本のようにキチンと決まった金額ならまだしも、
東大門でつかまえられるタクシーは、殆どが
ボッタクリタクシーになってしまいます。

たった10分ぐらいの所なら、昼間は5千ウォンで
行けるところでも、深夜になると4万ウォン取られたことも
ありました。

たまたま良いタクシーがつかまれば、1万wonぐらいで
済むこともありますが、何せ乗る人が多いので、
タクシーをつかまえるのが一仕事です。

そこで、数こそ少ないですが、ぼったくられずに
ホテルに帰るために「オルバミバス」を使ってみようと
いうことになり、hello apM の前の停留所へ行ってみました。
≪オルバミバス≫

≪こんなマークがついています≫

「SOUL NAVI」で見たらそんなに難しそうではなかったのですが、
実際に行ったら、時刻表は無いし、表示も韓国語のみで
全くわからず、今回はギブしました。

≪こんな表しかありませんでした≫

帰国してから色々調べたら、韓国語ではありますが、下のサイトで
東大門のバス停をクリックすると後何分でバスが来るかが
わかるようになっています。
http://map.daum.net/
①東大門のエリアを探します。東大門は「동대문」です。
②hello apM の場所をクリックしてみます。

どのバスがあと何分で来るかが表示されます。

ipadを持っていると見ることができます。

リピーターのあなたなら一度チャレンジしてみては?

交通手段

「初めての海外旅行で、とにかく安心して韓国旅行をしたい」
そうお思いのあなたは、

やっぱり「JALパック」ですよね。 誰もが知っている会社なので、
経験も豊富で多くの方に喜こばれる内容になっています。

 

ここの強みは、
24時間オンライン空席紹介や予約申込が可能!
もちろんマイルも貯まります!

高品質で安心の旅から「日本航空利用でこの価格?!」の
リーズナブルな旅まで、

ツアーのラインナップは数万コース、行き先は全世界と超・充実!

2、3度韓国を経験してからは、ホテルの予約を自分で頼んだり
航空券の購入だけを旅行会社で行ったりもよいとおもいますが、

やはり最初はとにかく安全第一!

サポートも手厚い「JALパック」がおススメです。

交通手段, 航空会社, 観光, 韓国旅行