朝鮮王の記事一覧

「純宗」(スンジョン)は1874年3月25日誕生、 1926年4月24日崩御しました。

在位は1907年7月20日 – 1910年8月29日です。

父高宗と母は閔妃(ミンビ)の長男としてうまれました。

1907年大韓帝国の皇帝である父がハーグ密使事件を契機に
日本によって退位させられたあと2代皇帝となりました。

韓国併合後は大日本帝国の王公族として初代李王。
1910年(明治43)の韓国併合後は,昌徳宮李王とよばれました。

1910年の日韓併合後は昌徳宮(しようとくきゆう)に居住して
李王と称されました。


高宗と皇太子の純宗

純宗には子がなかったため、皇太子には異母弟の
英親王(李垠)が冊立されました。

7月24日、第三次日韓協約によって、日本は韓国統監府の機能を強化し、
国政への干渉を始め立法権・司法権などに干渉出来るようにしました。

8月1日には韓国軍は解散になり、皇帝を護衛する
「近衛歩兵隊及び近衛騎兵隊」に再編成された。

これに不満を抱く軍人達から、義兵運動に身を投じる者が増え、
反日義兵闘争が活発化しました。

1909年に入ると日韓併合の動きが強まり、李完用総理は一
進会などの親日派勢力の後押しを受けて日本政府との間で韓国併合の話を進め、
1910年8月22日、日韓併合条約を調印。

8月29日に両国皇帝の裁可をもって条約は発効して大韓帝国は滅亡し、
日本の朝鮮総督府の統治下に入りました。

併合後の李坧は、京城府の昌徳宮に住み、王族として李王に
封じられました。

大正15年(1926年)4月25日、52歳で薨去しました。
日本の王公族昌徳宮李王坧として6月10日に朝鮮王朝の伝統に
則って国葬が執り行われました。

朝鮮の歴史と時代劇

 
第25代の哲宗王が跡継ぎもなく死去したため、
17代孝宗の系統はとだえました

このため、孝宗の弟(16代仁祖の三男麟坪大君)の
八世孫である高宗が王位を継ぎ、その系統が李王家となりました。

麟坪大君の六世孫にあたる南延君(李球)が、恩信君
(荘献世子の三男で、第22代王正祖の異母弟)
その四男が高宗の実父興宣大院君です。

恩信君の養子になり、王として迎えられました。
現在の李家は彼の血筋です。

日米欧の列強諸国や宮廷内の権力争いの間に翻弄され、
国を失った悲劇の皇帝と呼ばれています。

1866年にフランス人神父らを殺害(丙寅邪獄)すると、
その報復としてフランス艦隊が軍艦7隻でもって江華島を占領したものの、
これを追い払った(丙寅洋擾)事件や、

高宗と閔妃が清への事大主義に傾倒していくが、対外政策も
国内政策も混乱を極め、国内では東学党を中心とした勢力が
農民の間に広まり、「保国安民」と「弊政改革」を旗頭に
1894年、甲午農民戦争(東学党の乱)を勃発させました。

この混乱を朝鮮王朝は収拾できず、清軍へ援軍を依頼、
一方日本は邦人保護を理由に軍隊を動員し、日清戦争(1894年-1895年)の
原因になり、この戦争は、欧米列強の支持を受けた日本軍の勝利に終わり、
下関条約を締結することになりました。

これにより朝鮮は、清の従属国の立場から独立国家として承認される
ことになりましたが、清の後盾を失った閔妃は、今度はロシアと結んで
日本に対抗しようとしました。

この動きを警戒した日本公使・三浦梧楼や開化派、大院君などの勢力が
閔妃排斥の動きに出て、1895年10月8日、閔妃暗殺事件(乙未事変)は有名です。

朝鮮の歴史と時代劇

第24代王憲宗が子をもたず、22歳の若さで亡くなった為、
正祖の弟・恩彦君の息子である全渓大院君と龍城府大夫人廉氏の
三男(英祖が米びつで餓死させた荘献世子の曾孫)として生まれました。

恩彦君には本来息子が3人いましたが、2人の息子は第24代憲宗王の
時代に権力争いの犠牲となり、全渓大院君だけが生き残りました。

全渓大院君にも3人の息子がいましたが、長男は自身の推戴事件のため
処刑され、そのため哲宗らは連座して江華島へ流されていました。

純祖の王妃・純元王后は、憲宗が後嗣のないまま死去すると、
安東金氏が権力を維持するため、第23代王純祖によって
重用された豊壌趙氏一派が王位を立てる前に、江華島にいた
憲宗の叔父にあたるとなる哲宗を宮廷に呼び入れ、徳完君に冊封ししました。

1849年6月9日、哲宗は昌徳宮において19歳で朝鮮国王に即位しました。

大妃となった純元王后は、哲宗が政治に対する知識がなく年も若いという
理由で垂簾聴政を始めました。

哲宗はその3年後に親政をしましたが、一切の権力は勢道政治勢力
である安東金氏に握られていました。

安東金氏一派の権力濫用により、国内では貪官汚吏が跋扈し、
三政(田政・軍政・還穀)は大いに乱れました。

また洪水と日照り、火事などの災害も頻発したことから、
民衆の間では飢餓が蔓延しました。このため民衆の反乱が
全国的な規模で起きましたが、朝廷では反乱が起きる根本的な
原因を知ろうともせず、哲宗にも安東金氏の勢力を抑え対抗する
力がありませんでした。

そのため、苦痛で喘ぐ民衆の間では、すべての人が天であると
主唱する東学思想が急速な勢いで広まり、また、キリストの前での
平等を唱えるカトリックも、一般民衆のみならず両班層や宮女の中にも
カトリックが浸透していきました。

哲宗自身は、民心に気を配り、カトリックに対しても寛大でしたが、
哲宗の権力を支持していた南人が、執権層の老論僻派による
カトリック弾圧で粛清され、哲宗自身も安東金氏による勢道政治の
中では自分の政治権力を行使できないということを悟り、
酒色にふけるようになりました。

5人の男児をもうけましたが、すべて夭折しており、1863年12月、
在位14年、33歳(数え年)で後継者のないまま死去しました。

荘献世子━┳22代正祖━23代純祖━孝明世子(翼宗)━24代憲宗

┣恩彦君━全渓大院君━25代哲宗

┗恩信君━南延君(養子)━興宣大院君━26代高宗

朝鮮の歴史と時代劇

憲宗は、1830年に第23代純祖王の子、孝明世子が世を去り、
1834年に純祖が薨去すると、わずか7歳で即位しなければなりませんでした。

純祖の妃である純元王后が摂政となっていましたたが、安東金氏
(純元王后の実家)と豊壌趙氏(憲宗の母神貞王后の実家)の
勢力争いがありました。

15歳になった年に親政を開始しましたが、自身も病弱だったため、
22歳で崩御しました。

このため、正祖の血を引く王としては最後の王となりました。

憲宗が国を治めた時期は、朝鮮社会を支えてきた身分秩序と封建制度の
崩壊があちこちで現われ始めた時でした。

また水害と伝染病のため、生活が徐々に困難になり家を捨てて
さすらう流民が急激に増加していました。

このように社会の不安から国王の廃位をねらった謀反事件が
2度にわたり発生ました。

1836年には忠清道にいた南膺中が、正祖の弟である恩彦君の孫を
国王に推戴しようとし、1844年には閔晋鏞が再び恩彦君の孫を
国王に推戴しようと画策しましたが、いずれも失敗に終わりました。

2度の謀反事件ともすべて、なんの政治的勢力もないはずの中人と
没落した両班が起こしたもので、この時期には誰もが王権に
挑戦することができるほど国王が軽んじられていたことになります。

また、憲宗時代には巷にカトリックが広がりましたが、
大規模なカトリック弾圧がありました。

1845年にはイギリス軍艦サマラン号(Samarang)が
朝鮮政府の許諾なしに済州島と西海岸を測量して帰る事件があり、
1846年にはフランス提督セシルがカトリック弾圧(後述)を口実に、
軍艦3隻を率いて国王に国書を受けとらせようとする事件が発生しました。

そして1848年には外国船が慶尚道・全羅道・黄海道などへ頻繁に出没し、
民衆が大いに動揺した。まさにこの時から朝鮮は西欧列強から通商と
門戸開放要求にあうようになりましたが、朝鮮は国際情勢に
暗かったために何の対策も立てられず、重臣たちは自分達の権力闘争に
明け暮れていました。

【憲宗王の家計図】
荘献世子━┳22代正祖━23代純祖━孝明世子(翼宗)━24代憲宗
       ┃
       ┣恩彦君━全渓大院君━25代哲宗
       ┃
       ┗恩信君━南延君(養子)━興宣大院君━26代高宗

TOP, 朝鮮の歴史と時代劇

第7代国王世祖の第1王子李暲(懿敬世子)の第2王子として生まれました。

母は懿敬世子嬪韓氏(仁粋大妃)。成宗は王道政治を貫き通した名君と
して知られており、士林派を積極的に登用したのも成宗の時代に
入ってからと言われています。

幼い頃から聡明でとても可愛がられたと言われています。

世子であった父は、成宗の生後間もない1457年9月2日に病没しました。

1461年、5歳の時に乽山君に封ぜられましたが、1469年、懿敬世子の弟である
海陽大君が睿宗として即位してわずか1年2ヶ月で死去すると、
当時睿宗の息子は4歳と幼く、また兄の月山大君は病弱だったため、
祖母・慈聖大妃の命によって朝鮮国王に即位しました。

13歳で王位についたので、当初には慈聖大妃が摂政しました。
当時有力な国王候補たちを皆追い抜いて韓明澮と慈聖大妃の意向によって
王位に就いたので、摂政を受けた7年間の国政の全決定権元老大臣にありました。

しかし自身が王権を得た1476年からは、元老大臣が国政の重要な決定に
参加する院相制度を廃止して決裁権を取り戻し、功臣勢力を弱体化させる一方、
新進勢力を果敢に登用することで士林勢力の政治的基盤を作りました。

成宗の治世は“文化の黄金期”と呼ばれるほど、世宗と世祖が成した政治的
功績を土台に輝く文化政策を拡大させた時期でした。

1474年には世祖が編纂を開始した『経国大典』を完成・頒布し、
1492年には経国大典を補った『大典続録』と『東国輿地勝覧』、
『東国通鑑』、『楽学軌範』など多様な書籍を編纂、刊行しました。

また行政機関及び研究機関である弘文館を設置する一方、文臣中、
すぐれた才を持った人物を選んで家で読書するようにさせる賜暇読書
(湖堂制度)を実施するなど文化的発展に貢献しました。

また仏教を廃し儒教を重んじる崇儒抑仏政策を徹底的に実践しました。

そして対外的には鴨緑江周辺の女真族を追い出して、豆満江地域の
女真族の巣窟を掃討、辺方を安定させました。

朝鮮時代初期の文物制度は成宗の代にほぼ完成され、民衆は建国以来最も
太平な時代を謳歌しましたが、最後までは続きませんでした。

在位期間25年の間始終善政を敷いた成宗は、1494に38歳で死去しました。

朝鮮の歴史と時代劇

*朝鮮の王様
1「太祖(テジョ)イ・ソンゲ 1392~1398年(高麗の重臣から王殺し)
2「定宗」(チョンジョン)1398~1400年(か弱い太祖の次男)
3「太宗」(テジョン)イ・バンウォン 1400~1418年(兄弟を粛清して王に)
4「世宗」(セジョン)1418~1450年(偉大な発明王)
5「文宗」(ムンジョン)1450~1452年(16歳で賜死、短命な王)
6「端宗」(タンジョン)1452~1455年(在位2年ひ弱な王)
7「世祖」(セジョ)1455~1468年(甥と弟を殺して王になった世宗の次男)
8「睿宗」(イェジョン)1468~1469年(母と官僚に翻弄され早世19歳)
9「成宗」(ソンジョン)1469~1494年(世祖の第2王子。王道政治を貫き通した名君)
10「燕山君」(ヨンサングン)1494~1506年(成宗の長男悪名高き庶子王)
11「中宗」(チュンジョン)1506~1544年(燕山君の弟。チャングムの時の王様)
12「仁宗」(インジョン)1544~1545年(在位8ヶ月最も短い王様)
13「明宗」(ミョンジョン)1545~1567年(オクニョの時代の王様)
14「宣祖」(ソンジョ)1567~1608年(中宗の第7庶子の子)
15「光海君」(カンヘグン)1608~1623年(王と呼ばれなかった王様)
16「仁祖」(インジョ)1623~1649年(世子殺しの王)
17「考宗」(ヒョジョン)1649~1659年(仁祖の次男)
18「顕宗」(ヒョンジョン)1659~1674年(考宗の長男)
19「粛宗」(スクチョン)1674~1720年(チャンヒビンとトンイの時の王様)
20「景宗」(キョンジョン)1720~1724年(粛宗とチャンヒビンの子)
21「英祖」(ヨンジョ)1724~1776年(粛宗とトンイの子。米櫃で世子(イ・サンの父)を飢え死
22「正祖」(チョンジョ)1776~1800年(英祖の孫。イ・サン朝鮮のルネサンス)
23「純祖」(スンジョ)1800~1834年(イ・サンの次男。)
24「憲宗」(ホンジョン)1834~1849年(朝鮮崩壊の兆し。イ・サンの血途絶える)
25「哲宗」(チョルジョン)1849~1863年(荘献世子の曾孫)
26「高宗」(コジョン)1863~1907年(血が途絶え第21代英祖の8代孫)
27「純宗」(スンジョン)1907~1910年

朝鮮の歴史と時代劇, 朝鮮王朝王のリスト