顕宗は第17代国王孝宗の第1王子です。

外国からの侵略がなく先代の孝宗のおかげで国内情勢も安定して
いましたが、在位15年間中、西人と南人の第1次礼訟論争(1659年)で
父の考宗が亡くなった時、祖父仁祖の息子達より若い継妃の
荘烈王后が何年喪に服すべきかで論争になりました。

南人が上訴して、慈懿大妃の服喪に対して3年説を主張しながら立ち上がり、
猛烈に西人を攻撃しました。

これに対し、西人は、孝宗は仁祖の第2王子なので、継母后である
慈懿大妃の服喪に対しては1年でよいと対抗しました。

南人は再びこれに反駁して、顕宗は王位を継承したので、嫡長子と
違いがないため、3年説が正しいのだと反駁した。結局1年でよいという
西人の主張がとおり、西人はさらに勢力を得るようになりました。

第2次礼訟論争(1674年)では1674年に孝宗妃の仁宣王后が亡くなると、
慈懿大妃の服喪問題を取り巻いて、また西人と南人の間に論争が広がりました。

西人は大功説(9ヶ月)を主張し、南人は朞年説を主張した。

この時は西人の一部が南人側につき、結局今度は南人が主張する朞年説が
採用され、今度は南人が勢力を得ました。

もともと、南人派と西人派は元々はっきりとした学問的対立がありましたが、
この礼論をきっかけに両者の関係は急激に悪化し、ただの論争に終わらず、
粛清が行われました。

派閥間の論争に巻き込まれ、悩まされた王でした。

功績としては、国の財政難を改善させるため、1662年、土地1結につき
米12斗を収めるようにし、山間部では米の代わりに大同木や大同銭で
収めさせる大同法を湖南の山郡にも実施させました。