韓国コスメ美容導入液の効力比較を実際にしてみました


今回は私が手放せない導入液(化粧水を吸収しやすくするための
美容液)を実際に購入して色々テストしてみました。

使った導入液は

● innisfree(イニスフリ―)のグリーンティシードセラム(1,980円)
● ハンユルのオプティマイジングセラム(7,200円)
● TONYMOLY(トニモリ)のガラクトマイセスファーストエッセンス(3,500円)
● Nature Republicのソルリエ―ファーストエッセンス(3,500円)

の4種類です。

どの導入液が一番化粧水を浸透させてくれるかが
比較の目的です。

化粧水は普通どこでも見かけるロート製薬のものを使いました。

まずは、導入液なしでどのくらい化粧水が吸収されるかを
見てみることにしました。

化粧水を一滴たらしても浸透しません。
また、右の写真ではこの化粧水を手の甲に伸ばした後
もう一度1滴たらしたのですが、浸透する様子は
見られませんでした。

では、導入美容液を使ったらどうなるのか
実験をしてみました。

テストでも同じように、
最初に手の甲に1滴たらし、これを伸ばした後、先ほどの化粧水を
たらしてみました。
innisfree(イニスフリ―)のグリーンティシードセラム

導入液を伸ばした時は、少しべたべたした感じですが、
化粧水を落とすとすぐに形が崩れて縁のほうから吸収されていく
感じがしました。
パッティングすると、すぐに吸収されるのがわかりました。

ハンユルのオプティマイジングセラム

ハンユルは高級品なのでかなり期待していました。
1滴落した感じはどろっとしてい

TONYMOLY(トニモリ)のガラクトマイセスファーストエッセンス

これはほとんど化粧水という感じですが、
化粧水との違いは、伸ばした後ちゃんと化粧水が導入
される感じがするところです。
ただし、化粧水が乾くまでに少し時間がかかることから
他の導入液よりは、効果が薄いのかもしれません。

ちなみに、TONYMOLYのお姉さんはSK-IIと同じ
成分でつくられていると言ってすごいセールス攻勢を
かけてきましたが、同じ成分でも粒子の大きさとか
ありますからね。一概には言えませんよね。

Nature Republicのソリ―ファーストエッセンス

付けた時はちょっとぺたぺた感がありますが、
化粧水の浸透度はこれが一番よかったと思います。

結果(私の独断ですが)
一位 Nature Republic ソルリエファーストエッセンス
二位 innisfree グリーンティーシードセラム
三位 ハンユル オプティマイジングセラム
四位 TONYMOLY ガラクトミセスファーストエッセンス
です。

はっきり言って、どれもそれほどの違いはみられませんでした。

ただ、コスパも含めてを考えると、
Nature Republicのソルリエファーストエッセンスが一番かな。

韓国コスメの導入液をお探しのあなたの
ご参考になれば幸いです。

⇒韓国コスメをお探しなら

その後談

カテゴリー: 韓国化粧品   パーマリンク