韓流ドラマ、韓国コスメ、ソウル旅行情報、韓国の歴史や韓国語など韓流に関する様々な事柄やグッズを紹介します。

チャン·ヨンシル〜朝鮮伝説の科学者〜



チャン·ヨンシル〜朝鮮伝説の科学者〜
©BS-TBS

15世紀、朝鮮第3代国王太宗テジョンの時代、現在の釜山(プサンの出身で、父親は高麗末期に文官を務めていたが、母親が芸妓であったため、その身分に合わせて奴婢ヌヒとして母と二人で貧しい暮らしをしていた少年ウンボクは、手先が非常に器用なことで、ある日科学者として有名な父親ソンフィからチャンヨンシルという名前と天体の知識を授けられました

その後も奴婢として厳しい仕事や差別に苦しみながらヨンシルは父親の影響で始めた星の観察だけを生きがいに過ごしました

ある時、役人に科学の才能を見出され天文観測を行う書雲観ソウングァンで働くことになりました

やがて後の第4代国王世宗セジョンと出会い、世宗の命により明(ミン)で天文観測器具について学び、帰国後の1423年、奴婢の身分を免じられて官職を授けられました。

奴婢が官職に就くのは極めて異例のことであり反対する声も多かったが、様々な苦難を超え、従来、天文の観測や暦の制作は宗主国である中国の皇帝が権限を有し、諸侯国が勝手に暦を持つことは禁じられていたが、簡儀(カニ)天体観測用の器具や自撃漏(チャギョンヌ)自動の水時計といった様々な天文器具を制作し世宗の推進する科学技術政策を支える第一人者として活躍し、最終的には正3品の上護軍(サンホグン)の地位にまで上り詰めました。

 
日時計 ©ウィキペディア     水時計 ©コネスト

朝鮮のレオナルド・ダヴィンチと呼ばれる科学者の物語です。

歴史ドラマリストに戻る⇒