韓流ドラマ、韓国コスメ、ソウル旅行情報、韓国の歴史や韓国語など韓流に関する様々な事柄やグッズを紹介します。

太陽人イ・ジェマ

©KBS
出演 : チェ・スジョン、キム・ユミ、ユ・ホジョン、オ・デギュ 他
監督 : コ・ヨンタク
脚本 : キム・ハンミョン

庶子として生まれたイ・ジェマ(チェ・スジョン)は、文武両道に優れながらも、庶子ということで差別を受けていたが、祖父の愛で明るく闊達な若者に成長する。

幼いころから持病を抱え体力的にはつらい日々を過ごしていたジェマは、段々と医術に関心を持つようになってきた。

13歳にして家を出て満州などで旅をしながら多くを学び、40歳で無冠官職の地位を手に入れるが、チェ・ムナンの乱に巻き込まれてしまう。

事態を抑えた功労を認められ郡守に任命されるもその地位を辞退し、病気に悩む民のために漢医院の開業を決めた。

その後四象医学という独特の学説を唱えたが、学者たちからは相手にもされない毎日。

しかし彼はあきらめず、今日の韓国医学の原点とも言われる四象医学を確立させ、この独創的な医学説から「韓国医学の父」と呼ばれるようになる。



イ・ジェマについて
====================================================
ジェマは、ホ・ジュンが執筆した「東医宝鑑」をもとに四象医学を確立した19世紀の医学者であり哲学者。ホ・ジュンは膨大な東洋医学を中国漢方医学理論を借りて集大成したが、イ・ジェマは韓国固有の独創的な医学を確立したという点で、韓国医学の父と言われている人物。

四象医学とは、人間の体質を「太陽人」「少陽人」「太陰人」「少陰人」の4つに分類し、疾病によって治療するのではなく、それぞれの体質に合った治療法と食物を提示する漢方医学で、現在の最先端医学に通じる。

 

歴史ドラマリストに戻る⇒