韓流ドラマ、韓国コスメ、ソウル旅行情報、韓国の歴史や韓国語など韓流に関する様々な事柄やグッズを紹介します。

宗正恵 ( 朝鮮のラストプリンセス 徳恵翁主 の娘)自殺?それとも・・・

宗正恵
©wikipedia

1932年に朝鮮代26代君主高宗の娘であった徳江翁主と日本の伯爵である宗武士の間に生まれた娘で、女子学習院を経て早稲田大学英文科に進学した。

大学で知り合った3歳上の日本人である鈴木昇(中学校英語教諭)と1955年に結婚し昇は結婚後は宗姓を使用しました。

東京都大田区雪谷に所帯を持ちましたが精神衰弱に悩み、1956年8月26日朝に「山梨県赤薙、駒ヶ岳方面で自殺する」旨の遺書を残して失踪しました。

捜索隊と父親の武志と昇も随分探したようですが断念し、父親の武志と昇も随分探したようですが断念し、正恵不在のまま夫との離縁が成立し、昇は宗家の籍から離れることになりました。

父武志の死後に失踪宣告が出されましたが、およそ50年後に遺体が発見されたことを、夫だった宗昇が詩の中に記していますが、不明のままという説もあります。

また、2005、6年ごろアメリカのサンフランシスコで韓国と日本の皇室に関連する女性の死亡がニュースで流れたという話もあり、彼女の最後は結局わからないままになっています。