韓流ドラマ、韓国コスメ、ソウル旅行情報、韓国の歴史や韓国語など韓流に関する様々な事柄やグッズを紹介します。

宗昇 ( そうのぼる )朝鮮のラストプリンセス徳恵翁主の娘婿

宗 昇(そう のぼる、1931年- )は、日本の詩人で、旧姓は鈴木昇。

早稲田大学文学部英文科卒業後中学校の教諭となりました。

大学で知り合った3歳下の日 対馬宗家当主の宗武志高宗(朝鮮26代君主)の娘、宗徳恵の間に生まれた一人娘であった正恵と結婚し、宗姓になりました。

1956年、妻である正恵が遺書を残し失踪し自殺したと言われています。

捜索隊と父親の武志と昇も随分探したようですが断念し、父親の武志と昇も随分探したようですが断念し、正恵不在のまま夫との離縁が成立し、昇は宗家の籍から離れることになりました。

2007年刊の『記憶のみなわ』 の中で、失踪から約半世紀を経て山中で発見された妻の遺品をテーマにした作品を発表しています。